食生活の変化やストレスの多い現代で、便秘に悩む人が増えています。
便秘になると、お腹の不快感や肌荒れ、ひどい場合は腸の病気を引き起こす原因ともなります。
さらには、精神疾患やがん患者の多くが便秘であったという見解まで示されています。
まさに「万病のもと」である便秘を、まずは解消することが健康維持の鍵を握ります。

腸内細菌に関する学術的資料は【研究情報】からご覧ください。