腸内フローラ移植 臨床応用〈一般財団法人腸内フローラ移植臨床研究会様〉

プロジェクト概要

  • 実施期間:2017年11月〜現在
  • 研究テーマ:全国の医療機関と連携して、各種難治性疾患に対する腸内フローラ移植の有用性と有効なプロトコルを検討する。

メンバー

一般財団法人 腸内フローラ移植臨床研究会様

役員:11名
移植医療機関:述べ24施設(現在16施設)
移植の相談ができる機関:述べ4施設(現在4施設)
Webサイトはこちら

研究課題とテーマ

腸に住む腸内細菌のバランスを整えるための有効なアプローチとして注目されている「腸内フローラ移植」は、欧米諸国では歴史が長いものの、日本ではまだ認知度が低く、一部の大学病院などで臨床治験中の方法です。

一般財団法人腸内フローラ移植臨床研究会は、次世代の画期的治療法として期待される「腸内フローラ移植」の民間初の学術的研究組織です。
消化器専門医をはじめとする全国の医療機関と連携し、患者さんに安心して移植を受けていただける体制をとっています。

当研究所で開発した移植菌液は、溶媒に生理食塩水だけではなくウルトラファインバブル(UFB)を使用した、特許出願中の技術です。
移植菌液の精度向上はもちろん、移植方法や適応疾患の探求も行なってまいります。

プロジェクト進捗状況

疾患ごとの移植件数(医師による診断名のついている場合のみ)

その他の疾病85
過敏性腸症候群52
アトピー・アレルギー50
潰瘍性大腸炎36
便秘症30
うつ病23
糖尿病11
自閉症スペクトラム9
高血圧7
躁うつ病6
自律神経失調症5
乳がん4
クローン病3
肺がん3
肝臓がん3
その他のがん3
パニック障害2
更年期障害2
膠原病全般2
胃がん2
2020年10月19日時点

成果

一般財団法人 腸内フローラ移植臨床研究会 第1回総会 2017年11月

これまでの研究に賛同してくださる臨床医と連携しながら、臨床現場を各診療科の専門医に任せる体制を整える。
シンバイオシス研究所を腸内細菌の研究機関と位置づけ、腸内フローラ移植菌液の研究開発に特化することになる。

一般財団法人 腸内フローラ移植臨床研究会 第2回総会 2018年10月

シンバイオシスからは、マウスによるヒト菌液FMT試験の結果報告やドナー選定について発表。
基調講演は京都府立医大の内藤裕二先生。
開催報告はこちら(腸内フローラ移植臨床研究会 第2回総会が開催されました 

一般財団法人 腸内フローラ移植臨床研究会 第3回総会 2019年9月

シンバイオシスからは、ドナーバンクの運営や動物実験について発表。
生命の進化と腸内フローラ移植[第3回総会発表内容]
1型糖尿病マウスにおけるFMTの治療効果の比較検証[第3回総会発表内容]
便バンクJapanbiomeについて臨床検査技師が語る[第3回総会発表内容]

基調講演は国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所 ワクチン・アジュバント研究センター センター長 國澤 純 先生。
当日の開催報告はこちら(【開催報告】第3回総会「腸内細菌から人類への手紙」を開催いたしました – 腸内フローラ移植臨床研究会

一般財団法人 腸内フローラ移植臨床研究会 第4回学術大会 2020年9月

シンバイオシスの製造するウルトラファインバブル(UFB)水を使用したFMTにおける有用性を示した論文発表や、
今後の研究方針、
腸内フローラ移植(FMT)の症例報告などを行いました。

ウルトラファインバブル(UFB)が移植以外にも活用できる可能性が垣間見えた、非常に大きな一歩を踏み出した機会となりました。

特許出願(特願2018-036062)

ウルトラファインバブル技術を使った移植菌液の特許を出願する。

■特願2018-036062
国際出願番号 PCT/JP2019/7574
国際公開番号 WO2019/168034 A1
発明の名称    生体微生物含有組成物及びその製造方法

原著論文発表(腸内フローラ移植におけるUFBの有用性)

この記事を書いた人

ちひろ
ちひろ研究員(菌作家)
自分の目で見えて、自分の手で触れられるものしか信じてきませんでした。
でも、目には見えないほど小さな微生物たちがこの世界には存在していて、彼らがわたしたちの毎日を守ってくれているのだと知りました。
いくつになっても世界は謎で満ちていて、ふたを開けると次は何が出てくるんだろう、とわくわくしながら暮らしています。
個人ブログ→千のえんぴつ
画像をアップロード

《特許出願中》
腸内フローラ移植

腸内フローラを整える有効な方法として「腸内フローラ移植(便移植、FMT)」が注目されています。
シンバイオシス研究所では、独自の移植菌液を開発し、移植の奏効率を高めることを目指しています。(特許出願中)