産休・育休に入ります、のお知らせ。

ちひろです。

明日から、産休に入ります。
育休も続けて取らせていただくことになったので、しばらく皆さんとお会いできなくなります。

前身のサイトを含めると、このサイトも気づけば4年以上運営してきました。

わたし自身、腸内細菌についてもウルトラファインバブル(UFB)についても、たくさんいろんなことを知れた場でした。

何の資格も持たないわたしの発信をいつも楽しみに見てくださっていた皆さん、本当にありがとうございます。
皆さんにお寄せいただくお声や、SNSでの拡散、アクセス数は、とても励みになりました。

わたしたちの発信は、万人受けする内容ではないと思います。
バズる、なんてこともほとんどなく、ただ誠実に情報をわかりやすくお伝えすることに努めてきました。

この情報を必要としている人がきっといる。
届くべき人に届いてほしい。
そんな想いで書いてきた記事たちでした。

皆さんとわたし、一緒に勉強してきてくださったと思っています。拙い文章にお付き合いいただき、本当にありがとうございました。

今住んでいる自治体がめちゃくちゃ保育園落ちるらしくて、一年後に戻ってこられるのか危ういのですが、またお会いできる日を楽しみにしています。

このあともしばらく毎週火曜日、書き溜めていたブログが公開されていく予定ですので、よかったらそちらもお読みください。

今後のブログは、研究員の井戸本(井戸本の記事一覧)と、ライターのmrnn(mrnnの記事一覧)の二人の仲間が更新して行ってくれますので、楽しみにお待ちください!

この記事を書いた人

ちひろ
ちひろ研究員・広報(菌作家)
自分の目で見えて、自分の手で触れられるものしか信じてきませんでした。
でも、目には見えないほど小さな微生物たちがこの世界には存在していて、彼らがわたしたちの毎日を守ってくれているのだと知りました。
目に見えないものたちの力を感じる日々です。
いくつになっても世界は謎で満ちていて、ふたを開けると次は何が出てくるんだろう、とわくわくしながら暮らしています。
スタッフ紹介はこちら
画像をアップロード

《特許出願中》
腸内フローラ移植

腸内フローラを整える有効な方法として「腸内フローラ移植(便移植、FMT)」が注目されています。
シンバイオシス研究所では、独自の移植菌液を開発し、移植の奏効率を高めることを目指しています。(特許出願中)