腸内フローラ移植(便移植)の研究開発機関です。腸内フローラ移植臨床研究会の専属研究機関として、全国の医療機関と連携しています。
シンバイオシス研究所
06-6379-3328
上記の電話は腸内フローラ移植臨床研究会につながります
受付時間:10:00〜17:00(土日祝除く)

★幹部候補生募集★ 注目の腸内細菌業界で世界とうんこを繋ぐ人

[2019.5.10]
一人、採用が決まりました。
ご応募いただいた方、ありがとうございます。
もう1名募集していますので、皆さん待っています!

採用

※画像はイメージです、もちろんですけど

大変ご無沙汰な更新で、もう皆さんわたしのことなんて春の訪れと共に忘れてしまわれたでしょうか。
散る桜とともに。
そんなの悲しい。

そういえば、今年の桜めっちゃきれいでしたね。(立ち直り)
去年は忙しくて花見できなかったんで、今年は飲みまくりました。
両親と。あと、一人で。

さて、引き続きもうしばらく本ブログの更新がなかなかできなさそうなのですが、今日は仲間を募集したくブログ更新です。

わたしたちシンバイオシス研究所は、一般財団法人腸内フローラ移植臨床研究会の専属研究所として活動しています。
研究会を運営するのは、腸内フローラ移植臨床研究株式会社という会社です。

彼ら/彼女らのおかげで、臨床医の先生たちは安心して診療ができ、わたしたち研究員は研究に没頭でき、患者様にもスムーズなご案内ができています。
研究会という組織をまとめるのに、非常に重要な仕事をしています。

今日は、腸内フローラ移植臨床研究株式会社の所属で働いてくれる仲間を募集します!
研究所職員の募集ではありません。

わたしたちシンバイオシス研究所の職員とも、密に連携していただくことになります。

イマドキの企業のようなオシャレ感はなく、お金をかけた採用広報もできませんが、何卒…! お待ち申し上げております。

[こんな仕事]

下記のウェブサイトをご覧ください。

一般財団法人 腸内フローラ移植臨床研究会サイト

シンバイオシス研究所サイト(本サイト)

  • 全体の仕事を把握し、的確な指示出し
  • 社長に敬意を払いつつ、裏で手綱を引く
  • 事務、経営戦略、企画、管理、営業、社内教育など得意な分野から幅広く

[こんな人に来てほしい]

  • 医療の世界でこれからの常識を作っていきたい人
  • 経験、資格、職歴やブランク、国籍、性別年齢不問
  • 医療系に勤めていたことがあると尚好ましい
  • 腸内細菌で世界を健康にしたい人
  • 論理的に考えられる人
  • 体力に自信のある人
  • ITツールは普通に使える人
  • ボヘミアン・ラプソディーで泣いた人
  • 目の前の仕事が何のためにあるか理解しようとする人
  • 電車で自然とお年寄りに席が譲れる人

※もちろん、全部網羅している必要はありません。

[こんな人と一緒にお仕事します]

内部:事務スタッフ、全国の臨床医(研究会会員)、研究所職員
外部:ありとあらゆる人

[勤務条件]

  • 大阪市内に常勤できる人(基本的には9:00〜18:00 休憩1H、週5日、出張あり)
  • 社長のスケジュールに合わせて、柔軟に勤務時間をずらせること(代休とれます)
  • 給与:能力次第で決定 《参考:月給26万円〜能力に応じて昇給(有給休暇、社会保険あり)》
  • 休暇:年間115日程度(フルタイム換算)
    (週休二日、夏季休暇3日、冬期休暇5日、会社の指定などで合わせて115日前後の休日+法の規定による有給休暇)
  • 募集人数:2人

[採用スケジュール]

①応募連絡

②腸内フローラ移植臨床研究株式会社 人事担当より連絡(これは、わたしな気がします)

③簡単なプロフィール交換

④一次試験
自宅での宿題提出(期限は2週間)

⑤二次試験
採用担当者との面接(これも、わたしな気がします)

⑥最終試験
代表取締役社長との面接

[勤務開始時期]

随時

職場は、女性多めのメンバーです。
飲み会はほとんどないですが、たまにランチ会があります。

試験内容チラ見せ!

試験問題はわたしが考えたので、ちょっとだけ問題お見せします!(こういうのは許してくれる社長です)

  1. 海外と日本のFMT現状比較
  2. 他人の役に立つ特技と、立たない特技をひとつずつ教えてください。
  3. ここに研究会のスタッフが5人であなたの解答用紙を見ています。3人笑わせてください。

得意を伸ばす会社なので、なんでもどんどんチャレンジでき、風通しも良いです。
スタッフ全員が提案力のある会社で、一番光る人になってください。

詳細問合せ・応募は、お問合せフォームに「採用応募」と明記してお問合せください。

お問合せはこちら
The following two tabs change content below.
自分の目で見えて、自分の手で触れられるものしか信じてきませんでした。 でも、目には見えないほど小さな微生物たちがこの世界には存在していて、彼らがわたしたちの毎日を守ってくれているのだと知りました。 いくつになっても世界は謎で満ちていて、ふたを開けると次は何が出てくるんだろう、とわくわくしながら暮らしています。
腸内フローラ移植(便微生物移植)を知っていますか?
わたしたちの腸に暮らす腸内細菌たちと健康との関連が、世界中で次々に明らかになってきています。 「すべての病気は腸から始まる」と言われるように、腸内環境が崩れると病気を引き起こすことが知られています。
健康な人の腸内フローラを移植することで、ふたたび健康を取り戻そうという治療法に期待が高まっています。
腸内フローラ移植(便微生物移植)とは

移植の流れ・費用

移植が受けられる医療機関

お問合せ・移植相談
コメント (2)
  1. 田中 ミキコ より:

    一人採用決まりました!

    1. ちひろ より:

      おめでたいです!

コメントを残す