腸内フローラ移植(便移植)の研究開発専門クリニックです。腸内フローラ移植臨床研究会の専属研究機関として、全国の医療機関と連携しています。
FMTクリニック(シンバイオシス研究所)
上記の電話は腸内フローラ移植臨床研究会につながります
受付時間:10:00〜17:00(土日祝除く)

【便移植の研究が加速】シンバイオシスに新しい仲間が加わりました!

みなさん、ご無沙汰しています。

ブログ、全然更新できてなくてすいません。
うまく行けば、GW明けくらいから再開予定です。

実は、今日から新しい仲間がシンバイオシスに加わってくれました〜!
いえ〜い!

その名も、一法(いっぽう)さん!
本名は、岡洋一郎さんと言いまして、昨日までは国立病院機構 大阪南医療センターの主任を務めていました。

シンバイオシス岡

バッチバチの臨床検査技師さまです。
詳しいプロフィールはこちらの「スタッフ紹介」からどうぞ。

一法さんと呼ぶのは、本人が仏教への造詣が深いから。
いつも、和尚さんからのありがたいお言葉などを共有してくれます。

以前から腸内フローラ移植臨床研究会の勉強会などには参加してくれていましたが、正式に仲間として一緒にお仕事できるので、ものすごく心強いです!

これで、シンバイオシスは3人になりました。

シンバイオシス
(ああああああああああああああ、眉毛描くのわすれてる〜〜〜〜〜)

というわけで今年度は、むちゃくちゃパワーアップします!
研究サイドが、一気に加速します。

これを機に、シンバイオシスのノウハウも少しずつ公開していこうと思っています。
受けてくださる患者さんの安心材料にもなるはずだと信じて。

それでは、わたしは逆ハーレムになりますが、ウハウハで頑張っていきます!
皆様よろしくおねがいします。

追伸:
普段は、ほとんど人と口を聞かずにデスクワークばっっっっっかりで、休日も一人のほうが好きなんで、
今日は発声しすぎて喉が枯れました。(声帯なまってそう)

シンバイオシス

The following two tabs change content below.
自分の目で見えて、自分の手で触れられるものしか信じてきませんでした。 でも、目には見えないほど小さな微生物たちがこの世界には存在していて、彼らがわたしたちの毎日を守ってくれているのだと知りました。 いくつになっても世界は謎で満ちていて、ふたを開けると次は何が出てくるんだろう、とわくわくしながら暮らしています。 ご挨拶と自己紹介も併せてご覧ください。
腸内フローラ移植(便微生物移植)を知っていますか?
わたしたちの腸に暮らす腸内細菌たちと健康との関連が、世界中で次々に明らかになってきています。 「すべての病気は腸から始まる」と言われるように、腸内環境が崩れると病気を引き起こすことが知られています。
健康な人の腸内フローラを移植することで、ふたたび健康を取り戻そうという治療法に期待が高まっています。
logo
腸内フローラ移植(便微生物移植)とは

移植の流れ・費用

移植が受けられる医療機関

お問合せ・移植相談
Comments (3)
  1. 兼松真紀 より:

    お久しぶりです^^
    アップしてくださり嬉しいです。
    拝見できて、ニコニコ元気になりました。
    ご活躍、楽しみにしています。

    1. ちひろ より:

      まきさん、ご無沙汰しています!
      コメントいただき、とても嬉しいです。うんと励みになります。
      患者さんたちから遠のいてしまった分、シンバイオシスや研究会からきちんといろんなことをお伝えできるように、準備しています。
      どうか気長に、期待してお待ちください!

  2. Ti より:

    ちひろさん
    お元気そうでよかったです!遅くなりましたがお陰様で赤ちゃんが無事に産まれました!色々皆さんにはご迷惑をおかけしてしまいました。ありがとうございます!ちひろさんもお身体には気をつけて下さいね

コメントを残す