腸内フローラ移植臨床研究会 第5回学術大会 お申込み受付中です!

来る9月19日(日)に一般財団法人腸内フローラ移植臨床研究会 第5回学術大会が開催されます。

新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため人数を縮小して開催いたしますが、腸内フローラ移植の基礎研究報告・症例報告など、皆様方に日頃の研究の成果をご報告いたしますので、会場へのご参加・オンラインでのご参加をお待ちしております。
シンバイオシス研究所からも、独自の「NanoGAS®」技術の医療・創薬・食品分野における利活用の基礎研究についての報告をさせていただきます。

日時

2021年9月19日(日) 11時開会(10時30分開場)~17時閉会予定

第5回学術大会 プログラム

会場開催・オンライン開催

<会場開催> お申込み締め切り:9月10日(金)
リーガロイヤルホテル大阪
〒530-0005 大阪市北区中之島 5-3-68
TEL:(06)6448-1121

<オンライン開催>  お申込み締め切り:9月17日(金) 正午
オンラインにて同時配信いたします

詳細・お申込み

お申し込みはこちらからお願いいたします。

シンバイオシスの発表内容ご紹介

NanoGAS®基礎研究 報告

『医療分野におけるウルトラファインバブルNanoGAS®の活用法の探索と実用化研究』

森下理咲子(シンバイオシス研究所)
腸内フローラ移植(FMT)に活用されているNanoGAS®は、過敏性腸症候群や潰瘍性大腸炎などの腸疾患だけでなく、アトピーやアレルギーなどの皮膚疾患や鬱や自閉症などの精神疾患など、幅広い疾患に対して優れた治療実績を挙げています。
2020年にはNanoGASR®-FMTの糖尿病疾患に対する有効性に関する学術論文も出され、科学的検証が進んでいます。微細バブルの中でも、特殊な物性を有するNanobubbleは、健康科学全般に多大な貢献をもたらす、さらなるポテンシャルがあると期待されています。
そこで弊社は、NanoGAS®の医療・創薬・食品分野における利活用を目指して2020年から様々な基礎臨床研究を開始し、新規素材としての有用性を評価しています。
今回、医薬、創薬、食品分野における3つの研究テーマに関して新知見が得られたため、本学術大会にて報告いたします。

[腸内フローラ移植] 自閉スペクトラム症 症例集計

『当研究会の症例からみる「自閉スペクトラム症」における腸内フローラ移植(FMT)の有用性について』

シンバイオシス研究所 井戸本敏希

井戸本敏希 (シンバイオシス研究所)
様々な疾患と腸内細菌叢との関連が次々と明らかになっているが、近年では消化器系の疾患だけでなく、腸内細菌叢が自閉スペクトラム症(ASD)とも関連しているのではないかと言われ、注目されている。
我々は、ASDと診断された7名(男性6名、女性1名)を対象に腸内フローラ移植(FMT)を行った。質問紙法の心理検査であるABC-J、SRS-2を用い、FMTの前後での臨床的な行動について評価した。ABC-Jは、「異常行動チェックリスト」と呼ばれ、ASDにおける行動上の問題を得点化し評価するもので、SRS-2は、「対人応答性尺度」と呼ばれ、ASDの診断ツールのひとつとしても用いられている心理検査である。
さらに、被験者の視線を追うことで定型発達の子どもとASD傾向の子どもを客観的に見分けることができる視線計測装置「Gazefinder」を用い、FMTの前後で、対象者のものの見かたに変化があるかを調べた。
これらの心理検査や測定から得られたデータを集計したところ、FMTがASDの困りごとを改善するための選択肢となる可能性が見いだされた。今回集計したデータのまとめと、それから得られる考察を報告する。


皆様のお申込みをお待ちしております!

この記事を書いた人

井戸本敏希
井戸本敏希研究員・企画営業
毎日をゆっくり暮らしていきたいなーと考えている、のんびり屋さんです。せわしないのきらい。旅をするのも新幹線や飛行機でササっと行く旅行もいいけれど、駅弁をつまみながら、時刻表をペラペラめくり、車窓を楽しむ。そんな旅も捨てたもんじゃないでしょ、と思っている乗り鉄です。
効率重視な考え方の世の中になってますが、効率だけでは見落とすものもあるだろう。ゆっくりと進んだり、回り道をしたりして、見えてくることもある。一見ムダに思えることも、あとで振り返っていい経験になっていることもある。
最近神戸に引っ越してきたので、神戸を拠点に、鉄道紀行でもできたらいいな、と思ってます。
スタッフ紹介はこちら
画像をアップロード

《特許出願中》
腸内フローラ移植

腸内フローラを整える有効な方法として「腸内フローラ移植(便移植、FMT)」が注目されています。
シンバイオシス研究所では、独自の移植菌液を開発し、移植の奏効率を高めることを目指しています。(特許出願中)