組織変更のお知らせ〈シンバイオシス株式会社〉

いつもシンバイオシス研究所のサイトをご覧いただき、ありがとうございます。
私たちは2017年に、一般財団法人腸内フローラ移植臨床研究会の専属研究所としてできた組織です。

今年になって、移植菌液に使用しているウルトラファインバブルの汎用性に注目が集まり、事業拡大のため株式会社へ組織変更を行うことになり、
2020年10月16日をもちまして、シンバイオシス合同会社はシンバイオシス株式会社となりました。

シンバイオシス研究所としての商号は引き続き使用し、これからは「微生物たちとの共存共栄」に加えてウルトラファインバブルを活用していくことで、
「目に見えないものたちの力で新しい常識をつくる」をテーマに研究・開発に取り組んでまいります。

今後ともシンバイオシス研究所をよろしくお願いいたします。

この記事を書いた人

ちひろ
ちひろ研究員(菌作家)
自分の目で見えて、自分の手で触れられるものしか信じてきませんでした。
でも、目には見えないほど小さな微生物たちがこの世界には存在していて、彼らがわたしたちの毎日を守ってくれているのだと知りました。
いくつになっても世界は謎で満ちていて、ふたを開けると次は何が出てくるんだろう、とわくわくしながら暮らしています。
個人ブログ→千のえんぴつ
画像をアップロード

《特許出願中》
腸内フローラ移植

腸内フローラを整える有効な方法として「腸内フローラ移植(便移植、FMT)」が注目されています。
シンバイオシス研究所では、独自の移植菌液を開発し、移植の奏効率を高めることを目指しています。(特許出願中)