シンバイオシス研究所は腸内フローラ移植(便移植)の研究開発機関です。腸内フローラ移植臨床研究会の専属研究機関として、全国の医療機関と連携しています。
シンバイオシス研究所
06-6379-3328
上記の電話は腸内フローラ移植臨床研究会につながります
受付時間:10:00〜17:00(土日祝除く)

ヒト由来ではない菌(ヨーグルトとか)の摂取で乳酸菌などの腸内細菌は増えるのか

あけましておめでとうございます。
昨日より、業務開始いたしました。

今日は、ヒト由来ではない菌たちを、わたしたちが有効活用できるのかということについて書いてみたいと思います。

前回の記事で、「2018年の目標は、ブログで寄り道しすぎない簡潔な女になること」みたいなことを言っていた気がしますが、たぶん無理です。(新年5日目して早くも挫折)

さてみなさん、楽しい年末年始を迎えられましたでしょうか?
思う存分、美味しいものを召し上がりましたか?
たまにはアンヘルシーなものもいいですよっていう記事を書いたので、ご覧になった方は安心して満喫してくださったかもしれません。

年末年始のごちそうに備えて、腸内細菌にとっての「ごちそう」を考える

そんな中、実はわたしはわりとヘルシーな生活をしておりました。
「この裏切り者!」とどうか責めないでください。普段、めちゃくちゃ不摂生してるから、安心して。(どんな言い訳や)

晩ご飯は午前1時ではなく、だいたい午後7時くらいには食べ、
おやつもいつもより控えめにして(職場ではおやつが主食状態)、
普段5〜6時間の睡眠のところを、毎日平均して10時間くらい寝て、
仕事用のスマホをわきに置いて、静寂の中、ひとりきりで自分の好きなことだけしていた。

年が明ける瞬間も、すやすや寝てた。
休み中は人と喋らんでいいし(コミュニケーション能力に難あり)、音とか匂いとか光も自分の楽なように調整できるし、戦闘モード完全解除で過ごしました。
お昼ごはん終わって窓の外眺めてボーッとしてたら、実はお昼ごはん食べ終えてなかったことあったもんな。(廃人やん)

その結果、ものすごく体調がよくなりました。精神的にもかなり穏やかになって、気分はお茶をすするおばあちゃんって感じ。

普段、肉体的&精神的不調がMAXになったときは腸内フローラ移植に頼ってましたが、やっぱり睡眠と食事とストレスのない生活が基本なんやわ。
それさえ守れるなら、後天的な疾患には移植っていらんのかもしれへん。

たまにはアンヘルシーな食事や生活も必要と言いましたが、普段アンヘルシーな生活をしている人がヘルシーな生活を送ると、健康になれることが証明されました。(当たり前やわ)

でも、睡眠をたっぷり取って、好きなもの食べながら栄養バランスのことも考えて、しかもストレスのない生活をずっと続けるとか、無理じゃない?

そういうわけで、次から今日の本題です。(やっぱり簡潔な前置きは無理でしたね)

ヒト由来ではない菌はどこにいるか

ヒト由来菌

年末年始といえば、ごちそうです。
忘年会にはじまり、おせち、新年会など、盛りだくさんですよね。

我が家は親戚が集まる新年会を毎年2日にするのですが、その料理を作っていて、思ったことがあります。

エビと卵のサラダをつくるために、エビの背わたを取っていたんですよ。
今まで何も思わずに取ってたんですが、「あれ、もしやこれ、エビの腸内細菌を摂取できるチャンスをムダにしてしまっているのでは」と思ったんです。

エビの背わたって、エビのうんちなのではないか。
エビによって、背わたが黒かったり透明やったりするのって、うんちがまだ残っているか否かの違いなのではないか、と思ったんですね。

調べてみるとどうやらそのようで、最近は背わたを取り除かなくていいように、しばらく断食させてから死なせたりするようです。
人間のやることって、ほんまにおぞましいですね。

この場合はエビ由来ですが、このようにヒト由来ではない菌にはいろんなものがあります。

その代表的なものが、「ヨーグルト」です。
ヨーグルトは牛乳からできていて、牛のうんちではありませんが、つまりは牛由来の菌を摂取しているんですね。

他にも、漬物や味噌や果物の柿なんかにも菌がいて、これらは人間にとって有益だとされています。
ただ、これらが直接わたしたちの腸内に生着しているのかどうかということについては、別問題みたいです。

動物であればもちろん、そのうんちが腸内フローラを形成しているはずですし、その乳やその他の体液にも常在菌と言われる菌が存在しています。
植物性の菌ももちろんいますが、ここでは便宜上「ヒト由来ではない菌」と一括りにしてお話します。

口からの摂取で生着は可能か

牛乳

腸内細菌にとって有益な食べ物とひとくちに言っても、その意味合いは様々です。

みなさん、食事は飲むタイプですか?(カレーは飲み物です、っていう人がたまにいらっしゃる)
カレーを飲まなくても、よく噛まずに食べたり、サプリメントや栄養ドリンクで栄養を取ってます、みたいな方もいらっしゃるかもしれません。

ここで少しだけ、「食事」ということについてお話しておきます。

ほとんどの方は、口から食事をなさいますよね。
前にテレビで「鼻からビール飲む」っていうのやってたけど、見てるだけで鼻ツーンてしたわ。

口から摂取した食べ物は、口で咀嚼されて消化酵素や口腔内細菌と混じり合い、飲み込まれます。
そして食道、胃、十二指腸、小腸という複雑な旅を経て、吸収されます。
きちんと固形を咀嚼して飲み込んでいると、この過程で「食事をしているスイッチ」というのがオンになり、身体全体で食べ物の受け入れ体制を整えてくれます。

口から菌を摂取した場合、多くの菌は胃酸で死んでしまいますが、一部の菌は生きたまま腸まで届きます。

一方でこれが「腸まで生きたまま届く乳酸菌飲料」だったらどうでしょう。
実は、前述のプロセスを経ずにスイッチがオフのまま胃に流し込むと、適切な吸収が行われないと思われます。(サプリメントも、残念ながら。ほんと、申し訳ないんですが)

ドロドロになった食べ物というのは、肝臓の機能を借りて解毒作業を行ってから小腸で吸収されるんですが、その99.7%は解毒されてしまいます。
しかも、スイッチがオンになっていないと、菌だけ届いたとしても、菌が出してくれる有機酸(身体にええやつ)は吸収されないんですって。ショック。

「飲んだドリンクやサプリメントのうち0.3%でも届いているならいい」という、お金と心に余裕のある人はいいんですが、わたしは貧乏性なんでサプリメント飲むのやめました。もったいないし。

じゃあ、乳酸菌の含まれている食品とか、ドリンクとかサプリメントは、どのみち胃酸で死ぬか肝臓で解毒されるから意味ないのかというと、そうでもありません。
なぜなら、死んだ菌たちは、今いる腸内細菌たちのエサになってくれるから。

浣腸による摂取で生着は可能か

おしり
※桃です

口から摂取した場合は、胃とか肝臓とかを通過するから、あんまり生着せえへんことはわかったと。
じゃあ、逆におしりから菌をいれたらどうよ? って思いません?

入ったらいきなり腸やし、めちゃくちゃショートカットやん! って感じですよね。
そんなん思いついたあなたは偉い! わたし、思いつかんかったもん。

では、「ヨーグルトを浣腸したら腸内細菌(乳酸菌)が増えるか?」という問いの真相に迫りましょう。
このあたりの詳しいことは、書籍『うんちのクソヂカラ』清水真 著の47ページに書いています。(宣伝です)

ですが、わざわざ買っていただくのも忍びないですし、答え書いちゃいますね。(でも怒られないように、全文引用はやめとく)

「なりません。口から入って人間の身体で吸収できる、もしくは棲み着ける構造にならないと腸のなかでは生着できないからです。」(最初の2行まるまる写した。あとこのトピック19行あるから、よかったら本読んでくださいませ)

残念や……

まあでも、考えたらそうですよね。
腸から摂り入れてそのまま棲み着けるなら、人間は肛門から食事できるようになるはずやもん。

そうなると、お尻が顔になって、すると今の口にあたる部分はどうなるんやろう。

ちょっとイメージ図を書いてみました。

食事風景

こんな感じかな。(ホラーでしかないわ)

口があって、胃があって、いろいろあってみんないい。(にんげんだもの)

記事の題名にもなっている「ヒト由来ではない菌(ヨーグルトとか)の摂取で乳酸菌などの腸内細菌は増えるのか」ですが、
結論を申し上げますと、そもそもヒト由来でないとなかなかヒトの腸内で生着することは難しそうです。

腸内フローラ移植は、なぜ生着するか

ではヒト由来の菌をおしりから入れるのであれば生着するのかというと、また微妙なところみたいです。
母乳とかよだれとかにも菌はいるはずですが、これらを浣腸して腸内細菌が増えるのか、怪しいところです。

赤ちゃんの腸内細菌が増えるのに母乳に含まれるオリゴ糖が大切という説もありますが、あくまでも経口摂取ですからね。
口から消化管を通って生き残ったわずかな菌が、腸でいい働きをしてくれています。

当研究所では、腸内フローラ移植というのをやっています。

これは、他人の腸内細菌をおしりから入れまして、腸内フローラバランスを整えましょうということなんですが、なんでおしりから入れてもOKなん? って思いませんか?
その理由はズバリ、「すでに腸に棲み着ける状態の菌たちになっているから」でした。

ちなみに、当研究所の移植は菌の生着率が高いことが特徴です。
そのあたりについては、以下の記事も参考になさってください。

腸内フローラ移植(糞便微生物移植)に拒絶反応や副作用はないのか?

それでは皆さま、本年も長めの記事でお送りしてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

The following two tabs change content below.
自分の目で見えて、自分の手で触れられるものしか信じてきませんでした。 でも、目には見えないほど小さな微生物たちがこの世界には存在していて、彼らがわたしたちの毎日を守ってくれているのだと知りました。 いくつになっても世界は謎で満ちていて、ふたを開けると次は何が出てくるんだろう、とわくわくしながら暮らしています。
腸内フローラ移植(便微生物移植)を知っていますか?
わたしたちの腸に暮らす腸内細菌たちと健康との関連が、世界中で次々に明らかになってきています。 「すべての病気は腸から始まる」と言われるように、腸内環境が崩れると病気を引き起こすことが知られています。
健康な人の腸内フローラを移植することで、ふたたび健康を取り戻そうという治療法に期待が高まっています。
腸内フローラ移植(便移植)とは

当研究所について

一般財団法人腸内フローラ移植臨床研究会

お問合せ・移植相談
ブログ更新をメールで通知

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

392人の購読者に加わりましょう

コメントを残す