1982年から続けてきた微生物の基礎研究や医療機関における臨床を経て、独自の腸内フローラ移植(便移植)方法を開発しました。微生物たちとの共存共栄には、無限の可能性があると信じています。
シンバイオシス研究所 -微生物との共存共栄-
上記の電話は腸内フローラ移植臨床研究会につながります
受付時間:10:00〜17:00(土日祝除く)

免疫の異常と疾患のものすごく深い関係【腸と免疫シリーズ2】

免疫シリーズものでやりますやりますと言っておきながら、2週間以上あいてしまいました。
もうあれから2週間か…
節分もバレンタインも、いつの間にか終わってたな。

今年はインフルエンザが例年にもまして大流行しているようですが、皆さん大丈夫でしょうか?
わたしは、予防接種とかしているわけでもないのに、インフルエンザは全然罹らないタイプです。

(※2/27追記:読者様からのご指摘がありました。厚生労働省のウェブサイトによると、インフルエンザワクチンは、感染を防ぐことではなく重症化を防ぐことに最も大きな効果があるそうです。)

インフルエンザウイルスは賢いやつで、水ぼうそうみたいに一度かかったからといって免疫ができるわけではなく、罹る人は毎年のように罹ってしまうようです。
このあたりのお話は、もう少しあとの「獲得免疫」のところで詳しくお話ししますね。

前回は、免疫の基本のきの字でした。

免疫力が大切っていうけど、そもそも何なん?【腸と免疫シリーズ1】

今回は、その免疫のシステムが崩れるとどうなるねんってところのお話をしようと思います。

免疫システムが正常に働いている状態

免疫正常

わたしたちの身体を守ってくれている免疫というシステムは、実に多種多様な「免疫担当細胞」と呼ばれる細胞たちの複雑な働きによって成り立っています。
免疫担当細胞については次回で詳しく触れますが、ざっくりとしたイメージとしてはこんな感じ。

わたしが『塔の上のラプンツェル』やとします。(ディズニーに怒られるで)

歩兵や鉄砲部隊、監視塔、右大臣と左大臣、深い外堀、お城までの入り組んだ道、強固な鉄の扉。
ラプンツェルであるわたしを敵の侵入から守るために、これらの様々な要素が絡み合います。(この妄想めっちゃ楽しい)

監視塔もちゃんと完璧なシフトが組まれていて見張り番が居眠りしていることもないし、
鉄砲部隊の玉が国民の家をぶっ飛ばすこともないし、
右大臣と左大臣の意見が真っ向から対立して全軍大混乱ってこともないし、
鉄扉のカギがたまたま開いてました、みたいなこともない。

免疫システムがちゃんと働いている状態です。

わたしたちの身体で免疫システムがちゃんと働いていると、身体で悪さをしそうな細菌やウイルスが外から入ってきたときに感染を防いでくれます。
腐った牛乳を飲んでお腹を壊すのも、「イカン、これははよ身体から出さなあかんで!」と免疫が働いてくれた証拠。

わたしは多少賞味期限切れの物食べてもお腹壊さんけど、別に体調悪くもならへんな。なんでやろ。
ちょっとぐらい腐ってても、普通の食べ物と同じ扱いになるんやろか。(鉄の免疫力)

日々必ず起こっている細胞のエラーが積み重なって「がん」になるわけですが、この細胞のエラーの修復や、がん化した細胞の排除も免疫システムが行ってくれます。
がん患者さんへの腸内フローラ移植も、まずはこの免疫力の調整をターゲットにします。

免疫の異常1:免疫反応の低下

免疫力低下

何らかの要因により、免疫力が下がってしまった状態です。
免疫力が下がると、風邪をひきやすくなったり、細胞のエラーを修復できなくて「がん」になってしまったりします。

免疫力が低下してしまう原因には、こんなものがあります。

加齢
年をとると、免疫力はどんどん下がっていきます。
高校生の頃は半袖でマラソンの授業とか出てたのに(苦痛でしかなかった)、今同じことすると確実に風邪ひくと思う。
人間の免疫力は17歳頃〜20代にピークを迎え、その後はうなぎ下がりになると言われています。(うなぎ下がり)
生活習慣
生活習慣も、免疫力育成には大事な要素です。
十分な睡眠、適度な運動、バランスの取れた食事が大事なのはもちろん、喫煙や飲酒、ストレスも免疫には大きく影響します。
今の時代の人たちは生活習慣がよろしくないことが多く、若い人でも免疫力がものすごい下がってるんですって。
体温の低下
わたしは平熱がだいたい36.5度くらいなんですが、平熱が35度代の方って結構いらっしゃるようです。
体温が一度下がると免疫力が30%低下する、と言われるほど低体温は要注意。人間の身体では、酵素の働きが代謝や免疫機能に大きく関わっていますが、その酵素が一番よく働くのが、37度前後なんです。
つまり、脇の下で体温を測る場合、36.5度ぐらいかな。おお、わたし理想的。

ほかにもいろいろありますが、現代人は人間のもともと持っている免疫機能を甘やかしすぎていたり、ちゃんとケアしてあげていなかったりする生活パターンみたいです。
ごめん、免疫。

免疫の異常2:外からやってきたものに対する過剰な免疫反応

アレルギー

免疫の異常というのは、なにも免疫力の低下だけではありません。
免疫が過剰に働きすぎて、別に敵とみなさなくてもいいのに、反応してしまうこともあります。

ラプンツェルの例で言うと、「王様が姫を守りたいがために、隣国の使者も、名も無き旅人も、西の国から結婚を申し込みに来た王子も全員排除」の状態です。
これ、門番が追い返すだけならまだしも、監視塔が察知するやいなや大砲が発射されたりすると、民家も被害を受けます。

これがアレルギーの状態。
本来であれば身体に害はないはずなのに、身体が「敵や!」と思ってしまうんです。
花粉症、小麦や卵などに対する食物アレルギー、ハウスダストアレルギー、最近では柔軟剤に対してアレルギーが起こる場合もあります。

精製された食べ物や、行き過ぎた除菌、化学製品の普及なんかが、アレルギー患者をどんどん増やしています。
重篤な場合は、ほんの少量のアレルギー物質で死に至る場合もあります。
かくいうわたしも、幼少期は数え切れないほどのアレルギーを持つアトピー患者でした。

頑固な人が周りの意見を全部はねつけてしまうような、ほぼ鎖国状態です。
外からの侵入がない限りは安全かもしれませんが、それでは国は発展できない。

そもそも、いつまでのペリーの来航を引き伸ばすわけにもいきませんよね。

免疫の異常3:自己に対する過剰な免疫反応

自己免疫疾患

鎖国状態にしていても、免疫が過剰に働いてしまう場合があります。
それが、「自己免疫疾患」と呼ばれるもの。

自己免疫疾患には、関節リウマチを始めとする膠原病などのような全身性のものと、バセドウ病・多発性硬化症・突発性血小板減少性紫斑症などの臓器特異的なものがあります。
最近、腸内フローラ移植のお問合せでも急増している「潰瘍性大腸炎」や「クローン病」も、この臓器特異的な自己免疫疾患に分類されると考えられています。

ラプンツェルの例で言うと、「王様が姫を守りたいがために、国内の男全員抹殺」状態です。

免疫システムのバグや、免疫の寛容性の低下などにより、自分自身を敵とみなしてしまうことで起こる疾患です。

生活習慣病にも免疫が関係している

生活習慣病

この他にも、生活習慣病と呼ばれる以下のような疾患・症状にも免疫が関係していると言われています。

  • 糖尿病(Ⅰ型)
  • 脳卒中
  • 肥満
  • 脂質異常症
  • 心臓病
  • 高血圧

まだまだ深い免疫のお話。
いよいよ次回から、免疫の詳しいメカニズムに入っていきます。

なんか間違ってたら、ぜひ教えてください。(もっと自信を持ってお届けせえ)

▼次の記事を読む▼
四段構えで身体を守ったり保ったり【腸と免疫シリーズ3】

The following two tabs change content below.
自分の目で見えて、自分の手で触れられるものしか信じてきませんでした。 でも、目には見えないほど小さな微生物たちがこの世界には存在していて、彼らがわたしたちの毎日を守ってくれているのだと知りました。 いくつになっても世界は謎で満ちていて、ふたを開けると次は何が出てくるんだろう、とわくわくしながら暮らしています。 ご挨拶と自己紹介も併せてご覧ください。
腸内フローラ移植(便微生物移植)を知っていますか?
わたしたちの腸に暮らす腸内細菌たちと健康との関連が、世界中で次々に明らかになってきています。 「すべての病気は腸から始まる」と言われるように、腸内環境が崩れると病気を引き起こすことが知られています。
健康な人の腸内フローラを移植することで、ふたたび健康を取り戻そうという治療法に期待が高まっています。
logo
腸内フローラ移植(便微生物移植)とは

移植の流れ・費用

移植が受けられる医療機関

お問合せ・移植相談

コメントを残す