1982年から続けてきた微生物の基礎研究や医療機関における臨床を経て、独自の腸内フローラ移植(便移植)方法を開発しました。微生物たちとの共存共栄には、無限の可能性があると信じています。
シンバイオシス研究所 -微生物との共存共栄-
上記の電話は腸内フローラ移植臨床研究会につながります
受付時間:10:00〜17:00(土日祝除く)

【その1】酵素が働く環境の作り方と、自宅でできる安価な究極のサプリメント

酵素の働き

「最近、ちひろのブログが真面目モードになってる」と友人にツッコミをいただきました。

とても反省しています。
わたしから笑いの要素を取り除いたら、毛穴ぐらいしか残らん気する。

どういうわけか、変な場所からたった一本だけ長い毛が生えてくるタイプの、毛穴。みんなあるやんな?

たぶん最近、わたしなりにいっぱいいっぱいになってたんです。
おちゃらける余裕もないくらい。
知らんけど。(知らんけど、って言うの、関西人だけらしいな。じゃあ、関東の人はさほど確信が持てないことについて述べるときどうするん?)

どのくらい余裕がないかって言うと、ほら、ムダ毛の処理もまともにできてないし(腕毛ふぁさっ)、休日は三度の飯と睡眠で終わるし、ジムも辞めたし、食欲の秋やし。(全部お前の怠慢や。ほんで食欲の秋は関係ない)

そういうわけで今日は書きかけの記事をいったん下書き保存して、どちらかと言うとポップな話題を選んでみました。

ちなみに書きかけの記事は、テーマがわりと重めのやつで、わたしとしてもどうおちゃらけたらいいかわからんかったので、また友人が「ちひろ、そろそろ真面目にブログ書き」って言ってくれるタイミングで公開しますね。

ところでサプリメントって、飲んではります? (前置き長いわりに導入下手か)

おしゃれな人か、忙しい人か、「最近、階段の昇り降りがツラい!」って人が飲んでいるイメージがある。

ビタミン剤とか、青汁とか、小さい貝のオルチニンとかなんとかが入ったやつとかな。

おしゃれな人:「朝食代わりに、ビタミン3粒飲もうっと」

忙しい人:「会議の合間に、●●秒チャージ!」

最近、階段〜の人:「こんなもんな、効いてんのか効いてへんのかわかれへんよ。でもまあ、気のもんやね」

サプリメントっていうのは「栄養補助食品」って意味で、日々の生活、特に忙しくて食生活が不規則で偏りがちな現代において、不足している栄養素を手っ取り早く摂りましょうってコンセプトやんな、たぶん。

まあ正直、レモン100個分のビタミンとか、レタス30個分の食物繊維とかいらんと思いますけどね。
レモン100個も食べたら、一生分の唾液が一度に分泌されてしまって、その後の人生口カラカラの状態で生きていかなあかんのんちゃうかな。(どんな心配やねん)

今日はサプリメントの批判的なことを書くつもりはまったくないので、本題に行きましょうか。
肝臓で99.7%解毒されたとしても、0.3%は身体でそれなりにいい働きしてくれますしね。

究極のサプリメントの話をするにあたり、人間が生きていく上で絶対に欠かすことのできない「代謝」を司ってくれている酵素のお話をします。(そして再び前置きになった)

人体における酵素の働き

「代謝」と聞くと、どうしても「基礎代謝」や「代謝の向上」という言葉として聞くことが多く、ダイエットをしたことのある人なんかには「脂肪を溜め込みにくい」みたいなイメージのある言葉ですよね。

でも、代謝というのはダイエットとかそういう問題以前に、人間が生命を維持していくうえでひとときも欠かすことのできない反応なんですね。
心臓が鼓動し続けているように、酸素を吸い込んで二酸化炭素を吐き出し続けているように、そして冷蔵庫の奥に何年か前の塩昆布が冷え続けているように。(早く処分しなさい)

冷蔵庫の奥って、なにかしら別次元の空間が存在してると思うねん。
だって定期的に「うわ、冷蔵庫空っぽやん!」ってタイミングはあるのに、どういうわけか年単位で賞味期限切れてるやつあるもんな。

そうそう代謝の話をしていたんでした。
人間が生きていくためには、もちろん食べ物の栄養が必要です。

糖質、脂質、タンパク質など、わたしたちの血となり肉となり、生命活動のもとになってくれる栄養源を、毎日の食事から摂取するわけです。
ただ、これらの栄養源はそのままの形ではわたしたちの身体の役には立ってくれません。

ここで、「酵素」が登場します。
身体の中には1,400種類以上の酵素がいて、食事から摂った栄養源を、わたしたちの身体が使えるような形に変換していってくれます。
この変換というのが、「代謝」ということです。

酵素の働き

例えば、残業で睡眠不足が続いていて、職場で上司がコーヒーを差し入れてくれたとします。
ありがたいですね。

でもそれが、「今朝エクアドルで採れたばっかりの豆だよ〜!!!」っていう生のコーヒー豆やったらどうですか?
「いやいや、飲めませんやん」ってなりません?
気持ちはありがたいけど、眠いし、普通の缶コーヒーでいいから飲める状態でちょうだい、ってなりません?

コーヒー豆は、焙煎したり挽いたりドリップしたりという作業があって、初めてわたしたちが口にできる美味しいコーヒーになります。

この「生のコーヒー豆」がわたしたちが食べるもので、「焙煎・挽く・ドリップ」が酵素の働きで、コーヒーという飲み物になった段階でわたしたちの身体が利用している感じのイメージですね。

どう? 逆にわかりにくい?

いちおうこれでも、隣に『生化学』っていう分厚くてカビ臭い本を置きながらブログ書いてるんですが、
「および」とか、
「すなわち」とか、
「糖質・脂質・タンパク質の代謝の相互関係、および異化と同化の関係を総合的な立場から云々〜〜」とか、
そういうテンションで話をされてるから、ぜんぜんわかれへんねんもん。(アホなんバレた)

つまり、酵素は大切ですよってことです。(まとめた)

なんか、ただのレシピ紹介の記事のはずやのに、また長くなってる。ごめん。
もう今半分以上はきた。(まだ半分と思うか、もう半分もきたと思うかはアナタ次第)

身体で酵素が元気よく活動してくれる環境

酵素というのは、「温和な条件で基質に働いて、触媒活性を持つタンパク質」という定義があります。

ざっくりいうと、基質というのは酵素が働きかける対象となる子たちで、触媒活性というのは「変換」のことで、そういう性質を持つタンパク質が酵素ですよって感じですね。

酵素たちには、最大限に力を発揮できる条件というのがあります。それがここでいう「温和な条件」です。
人間の身体にいる酵素の場合、37度の温度で血液のphが7.40±0.05です。

phは、「ペーハー」と呼ばれていたやつです。ピンク色の服をまとってカメラのシャッターを切り続けるご夫婦のことではありません。(ペーパー)
ブラックマヨネーズの小杉さんでもありません。(ヒーハー)

酸性、アルカリ性の傾きを表すもので、7.0で中性です。
phが7.40±0.05というのは、弱アルカリ性の状態ということになります。

お酢を飲む

腸の中にももちろんたくさんの酵素がいらっしゃいますが、身体の中の酵素を活発にする、つまり弱アルカリ性の状態に保つにはどうすればいいのでしょうか?

そのために一番簡単な方法は、「お酢を飲む」ということです。
高級なやつじゃなくても、水で割ったリンゴ酢とかでOKです。

「なんで酸を摂るのにアルカリ性になるん?」って思いませんでした? わたし、めっちゃ思った。
こういうことらしいです。

①お酢を口から摂取

②胃酸は最低限しか出ない

③十二指腸では、酸性の消化物を中和しようとするために胆汁と膵液がたくさん出る

④血液がアルカリに傾く

これ以上詳しいことは、どうか聞かないでください。
お酢以外も「野菜・果物・海藻・きのこ・大豆」なども身体をアルカリに傾けてくれる食品たちです。

野菜

血液が酸性に傾いてしまうと、「代謝性アシドーシス」という状態になり、様々な不調があらわれます。

ちなみに、血液を弱アルカリ性に保ってくれるのに最も活躍してくれているのも腸内細菌たちだそうです。
酵素というのは体外から摂取できないものですが、この温度やphの環境を整えることで体内の酵素が活発になり、健康を維持してくれます。

ここで、自宅で簡単に、しかも安くでできるサプリメントの作り方を載せようと思っていたんですが、さすがに長くなりすぎてるので次回に回してもいいですか。
3日後ぐらいに公開します。
今日のメインこれやったのに!! 本当に申し訳ございません。

今回は、酵素の重要性と、酵素が働く環境の話やったということにしてください。
もともと、その予定やったということにしよう。

▼究極のサプリメントのレシピ記事はこちら▼
【その2】酵素が働く環境の作り方と、自宅でできる安価な究極のサプリメント

The following two tabs change content below.
自分の目で見えて、自分の手で触れられるものしか信じてきませんでした。 でも、目には見えないほど小さな微生物たちがこの世界には存在していて、彼らがわたしたちの毎日を守ってくれているのだと知りました。 いくつになっても世界は謎で満ちていて、ふたを開けると次は何が出てくるんだろう、とわくわくしながら暮らしています。 ご挨拶と自己紹介も併せてご覧ください。
腸内フローラ移植(便微生物移植)を知っていますか?
わたしたちの腸に暮らす腸内細菌たちと健康との関連が、世界中で次々に明らかになってきています。 「すべての病気は腸から始まる」と言われるように、腸内環境が崩れると病気を引き起こすことが知られています。
健康な人の腸内フローラを移植することで、ふたたび健康を取り戻そうという治療法に期待が高まっています。
logo
腸内フローラ移植(便微生物移植)とは

移植の流れ・費用

移植が受けられる医療機関

お問合せ・移植相談
Comments (4)
  1. ちりめん より:

    塩昆布ははやく食べた方がいいね~
    私はいつもたくさんサプリをとっているから何が効いているのか分かりませんが、腸内細菌が喜んでくれていると信じようと思います。

    1. ちひろ より:

      ちりめんさん
      コメントありがとうございます!
      そう信じてあげるだけで、きっと腸内細菌たちは元気に働いてくれますよ(*^^*)

  2. える より:

    酵素について、流行ってるけどよく分からなかったので記事にしてくれてありがとうございます!
    生のコーヒー豆で誰かに一度差し入れしてみたいと思います(笑)

    1. ちひろ より:

      えるさん、コメントありがとうございます!
      わたしも調べるまで、酵素のことって漠然としか知らなかったですm(_ _)m
      生のコーヒー豆、差し入れられた方の反応もぜひお聞かせくださいね!笑

コメントを残す