1982年から続けてきた微生物の基礎研究や医療機関における臨床を経て、独自の腸内フローラ移植(便移植)方法を開発しました。微生物たちとの共存共栄には、無限の可能性があると信じています。
シンバイオシス研究所 -微生物との共存共栄-
上記の電話は腸内フローラ移植臨床研究会につながります
受付時間:10:00〜17:00(土日祝除く)

うつ病は腸の病気?腸内細菌が治してくれるかもしれない【腸内フローラ授業シリーズ4】

腸内フローラとうつ

うつの治療法として薬以外でよく知られている方法は、「生活習慣を改善すること」です。
正しい食生活、正しい睡眠、適度な運動でうつを克服した人もたくさんおられます。

反対に、食生活や睡眠、運動不足が原因でうつを引き起こすこともあります。
両者の関係には、「腸」が大きく関わっています。

今日は、「うつと腸内フローラの関係」についての最新学説を、かなり詳しく見ていきましょう。

▼前回の記事をまだ読んでいない方は、こちらからどうぞ。▼
うんちの重要性を真剣に語ります【腸内フローラ授業シリーズ1】
うんちと腸内細菌の関係【腸内フローラ授業シリーズ2】
(テスト付き)脳腸相関?人間は腸でものを考えていた!【腸内フローラ授業シリーズ3】

うんち博士 うんち博士
うんちに生まれ、なぜか友達ができなかったので、「自分とは何か?」と内省を続けた結果、うんちについて誰よりも詳しくなった。現在、うんちの市民権獲得に向けて啓蒙活動中。
腸内フローラちゃん 腸内フローラちゃん
かわいいものが大好き。最近になってにわかに注目を集めるようになり、自分磨きに精を出している。

うんち博士うつは長いあいだ心の病気とされてきたが、近年になって脳の病気であることがわかってきた。さらに、研究者や医療関係者の中には、うつは腸の病気ではないかと考える人も増えている。

腸内フローラちゃんそれってさっきの、”ノーチョーソーカン”ってやつ?

うんち博士勘がいいね。セロトニンという言葉は聞いたことあるかい?

腸内フローラちゃんあ、幸せホルモンってやつでしょ。

うんち博士そうとも呼ばれる。脳内のセロトニンは、交感神経と副交感神経のバランスを調整し、興奮状態とリラックス状態を適切な状態に保ってくれる。
現代人は情報過多、光や音の刺激に始終さらされているから、このバランスが崩れてうつ状態を引き起こす人が増えているんだ。実は、体内で作られるセロトニンの90%以上が腸で作られるんだよ。脳で作られるのは、たった2%でしかない。

腸内フローラちゃんそんなに!? あ、わかった! 腸でたくさんセロトニンを作ったら、それが脳にも行き届くから、腸内フローラを改善したらうつが治るってことね。

うんち博士うーん、惜しい。同じセロトニンという名前ではあるが、腸で作るセロトニンは、そのまま脳で使うことはできない。腸内でのセロトニンの役割は主に、うんちを肛門まで運ぶことだ。

腸内フローラちゃんじゃあ意味ないじゃない。

うんち博士そう結論を急がないでくれたまえ。このあたりの分野はまだまだ研究途上だが、不足した脳内のセロトニンの働きを腸が間接的に肩代わりするのではないかという説も存在する。

腸内フローラちゃん直接使えないけど、間接的に肩代わり? そんなことできるの?

うんち博士まだあくまで仮説の段階だ。セロトニンの材料となる物質を脳に届け、合成を促す信号を腸が発信している可能性が大いに考えられる。もっと言うと、腸内細菌が発信しているかもしれないんだ。

腸内フローラちゃんではないか、とか、かもしれない、とか、随分あいまいな言い方ばっかりね。

うんち博士痛いところを突いてくるね……僕の住む”うんち星”は、新しい研究になかなか予算がつかないんだ。優秀な研究者がどんどん他の星に引き抜かれていく。このままでは”うんち星”の住人たちの健康な未来が危ぶまれるよ。

腸内フローラちゃんあんたが頑張りなさいよ。

うんち博士うっ、かしこまりました。腸内フローラとうつの関係性は、理屈ではまだ解明されていないことも多い。しかし、実験や経験からの研究が徐々に積み上がってきていている。例えば、無菌マウスは脳内のセロトニン量が少なかったり、乳酸菌の投与でマウスのうつ状態が改善したりする例も報告されている。

腸内フローラちゃんふうん。人間もそうなのかしら。

うんち博士どうやらマウスよりも人間の命は大切らしく、人間のほうで実験的なことはあまりできないのだが、僕がこれまで見てきたうつ患者は、うつのパターンによってある程度腸内フローラの傾向が明らかになってきている

腸内フローラちゃんうつのパターン?

うんち博士前回の記事で、うつの簡易チェックテストがあっただろう。ABCのうち、チェックの多かったものを見てほしい。一般的な分類にはなるが、うつには原因別にいくつかのパターンがある」

A:心因性のうつ
大きなストレス要因があり、そのストレスが適応範囲を超えた結果、うつ状態が引き起こされてしまいます。ストレスによる気分の落ち込みは誰にでも起こりうることですが、うつ状態が長期間続いてしまうと、本人の社会生活にも支障をきたします。
B:内因性のうつ
原因不明のうつであり、一番やっかいとも言えます。ある程度までは「個性」とも捉えられますが、原因もわからず対処法もわからずに気分が落ち込むのは本人にとってもつらいもの。冬に特に調子を崩すなどの季節性の場合もあります。
C:身体性のうつ
ホルモンバランスの変化、免疫系の疾患、命にかかわる大きな病気などでもうつ状態になることがあります。
他にも、薬の副作用や姿勢の悪さ、繰り返す便秘や下痢でうつを引き起こす可能性も考えられます。
このように、体の状態が悪いと心のバランスも崩れやすくなってしまいます。

うんち博士このように、うつの原因には様々なパターンがあるが、現れる症状は似ていることが多い。運動をする気が起こらず、食欲がなくなってしまったり、反対に甘いものやジャンクフードばかり食べたくなることもある。
昼夜逆転し、良質な睡眠を取ることも難しくなるだろう。そうなると当然、腸内フローラも悪化する。うつはさらに悪化し、腸内フローラも悪化する一方なんだ。

腸内フローラちゃんなんとか自分で腸内フローラを良くすることはできないの?

うんち博士食事、睡眠、運動が基本だな。中には、これらの生活習慣を改善する努力をして、うつを克服した人もおる。だが、もともと心身が弱ってしまっている人に、規則正しい生活はかえってストレスをかけてしまうこともあり、なかなか一筋縄ではいかないんだ。

腸内フローラちゃんなんかこう、最初の大きなひと押しみたいなものがあればいいのにね。そうしたら、あとは自分でいいサイクルになるように頑張れるのに。うつって、沼の中でアクセルを踏んでいるみたいな、空回りな感じがあるから、もう頑張ろうって気が失せちゃうのよね。

うんち博士その最初の大きなひと押し、つまり腸内フローラを劇的に変化させることで、心と身体にブレイクスルーを起こす方法があるんだ。それが私たちが研究している「腸内フローラ移植」なんだよ。

The following two tabs change content below.
自分の目で見えて、自分の手で触れられるものしか信じてきませんでした。 でも、目には見えないほど小さな微生物たちがこの世界には存在していて、彼らがわたしたちの毎日を守ってくれているのだと知りました。 いくつになっても世界は謎で満ちていて、ふたを開けると次は何が出てくるんだろう、とわくわくしながら暮らしています。 ご挨拶と自己紹介も併せてご覧ください。
腸内フローラ移植(便微生物移植)を知っていますか?
わたしたちの腸に暮らす腸内細菌たちと健康との関連が、世界中で次々に明らかになってきています。 「すべての病気は腸から始まる」と言われるように、腸内環境が崩れると病気を引き起こすことが知られています。
健康な人の腸内フローラを移植することで、ふたたび健康を取り戻そうという治療法に期待が高まっています。
logo
腸内フローラ移植(便微生物移植)とは

移植の流れ・費用

移植が受けられる医療機関

お問合せ・移植相談
クラウドファンディング挑戦中!
クラウドファンディング挑戦中!

コメントを残す