腸内フローラ移植(便移植)の研究開発機関です。腸内フローラ移植臨床研究会の専属研究機関として、全国の医療機関と連携しています。
シンバイオシス研究所
06-6379-3328
上記の電話は腸内フローラ移植臨床研究会につながります
受付時間:10:00〜17:00(土日祝除く)

日本ではなぜクロストリジウム・ディフィシル感染症が深刻化しないのか

腸内フローラ移植(便移植、FMT)は現時点で保険適用ではなく、どのような疾患に対してどのようなプロトコルを用いるのがいいのかさえ、まだまだ不透明です。
そんな中、アメリカでは政府公認で腸内フローラ移植を推奨している疾患があります。

それが、 クロストリジウム・ディフィシル感染症(CDI) です。

CDIや、特定の菌だけが増えてしまう菌交代現象については、以前も記事を書きました。

・腸内細菌の多様性の大切さを、クロストリジウム・ディフィシル感染症から学ぶ
・微生物は殺さずに味方につけるべし。抗菌薬の限界点。

実はわたし、5月ごろにCDIになったんですよ。
この仕事をしているため「やばい! 死ぬかも!」とちょっと焦ったんですが、そのときのお話も交えて書きますね。

いろいろな耐性菌とクロストリジウム・ディフィシル菌

耐性菌というのは「薬が効かない菌」ということです。
細菌が原因で症状が発生しているのに、抗生物質が効かないのです。
これ、怖いと思いませんか?

耐性菌には大きく分けて2つのカテゴリーがあります。

  • 獲得耐性菌
  • ごく普通の細菌が突然変異を起こしてその体の構造を変え、抗生物質が効かなくなる。

  • 自然耐性菌
  • もともと特定の抗生物質が効かない性質を持つ。

クロストリジウム・ディフィシル菌というのは、後者の「自然耐性菌」です。

抗生物質を大量に投与した結果CDIになりましたというのは、クロストリジウム・ディフィシル側から見るとこんな構造になります。

乳酸菌A:「うう、だめよこんなに長く抗生物質を飲んじゃ。わたし死ぬわ」

クロストリジウム・ディフィシル:「どうしたんや乳酸菌!僕なんともないで!」

バクテロイデスB:「ああ、俺はもうだめだ、ディフィシル、後は頼んだぞ」

クロストリジウム・ディフィシル:「何が起こっているっていうんや、相棒!」

ビフィズス菌C:「もう、この世界は、一度滅びたほうがいいのか…も…しれ…」バタッ

クロストリジウム・ディフィシル:「ビフィズスーーーーーー!!!!!!!!」

このように、仲間たちが倒れていく中、自分だけにはその抗生物質が効かない。
世界最後の生き残りになってしまったディフィシルは、あまりにも孤独で、悲しみの毒素を撒き散らすようになる。

こういうことなんです。(そういうことなん?)
CDIにはバンコマイシンという抗生物質が効く場合が多いので、これが主な治療法となります。
けれど、バンコマイシンに対しても耐性菌はいます。

平和な解決策としては、ディフィシルに仲間を取り戻してやることが大事だと思いませんか?

腸内フローラ移植の奏効率はCDIが頭抜けている

腸内フローラ移植についてちょっとでも検索したことのある方はご存知かもしれませんが、この治療法がそもそも注目されはじめたのはCDIがきっかけでした。
バンコマイシンが効かなくなって、何度も再発を繰り返し、後は死を待つばかりという状態のCDI患者さんが劇的に治ったというものです。
(参考:Duodenal Infusion of Donor Feces for Recurrent Clostridium difficile | NEJM

クロストリジウム・ディフィシルはもともと健康なヒトの腸にも住んでいる菌です。
しかし、2002年頃にアメリカやヨーロッパを中心に毒性の強いディフィシル菌が爆発的に流行しました。

今でもアメリカでは年間50万人がCDIに罹患し、3万人が亡くなっていきます。
腸内フローラ移植によって、この数が限りなくゼロに近づくことを祈るばかりです。

実は、数ある腸内フローラ移植の研究のほとんどはCDIに関するものです。
その理由の一つが「 CDIに対する腸内フローラ移植だけが、奏効率がずば抜けている 」からだと思われます。

例えば潰瘍性大腸炎で、40回移植をしておよそ3割が寛解したという報告があります。
一方でCDIの場合、たった1回の移植で9割の患者さんが治るという事例が相次いであります。
つまり、確かに腸内フローラと各疾患は関連性が高いかも知れないけれど、 CDIに対する腸内フローラ移植はコスパがめちゃくちゃいい というわけです。

実はここに、日本国内であまり腸内フローラ移植に研究費が割かれない理由がある気がしています。
つまり、日本ではCDIが深刻化しにくいのです。

日本では深刻化しにくいCDI

冒頭にも書きましたが、実はわたしCDIになってたんです。

この話をメインに3本くらい記事を書こうと思っていたんですが、歯科と耳鼻科の悪口になってしまいそうなんでここにまとめます。
読み飛ばしてもらっても大勢に影響ないです!

CDIになった話はこちら

まず1月にむし歯になったじゃないですか。この歯、結局抜く羽目になったんです。
で、その抜いた歯が先天的に永久歯がなくてあと1本残ってた乳歯でして、乳歯の歯根が小さいがために上顎洞というほっぺたらへんの空洞が大きくなっていたと。
それに加えて、上の歯の骨が非常に薄いタイプで、抜歯したときに鼻と口がイケイケになっちゃったんですね。
それで歯医者さんが抗生物質を出してくださったんですが、感染が心配なので、一度大病院でCT撮ってもらったらどうやという話になりました。
これが3月。
この間、抗生物質飲みっぱなしです。

そしてCTの結果、見事に上顎洞が真っ白でして炎症オンパレードでした。
そこから口腔外科から耳鼻科に移行して抗生物質治療を継続したわけです。(こんなに何ヶ月も飲んで大丈夫かいなと思いつつ)
しかしなんか腹具合が悪いし、手も荒れるし抗生物質合ってないんちゃうかなと思っていました。
もちろん耳鼻科の先生には相談しましたが、「長く飲んでも問題のない抗生物質だし、副作用もないから、それは副作用ではないですね」と一刀両断!
医者の自信って眩しい。

職場で相談して便の検査を出してもらったところ、なんと、なんと!!!
クロストリジウム・ディフィシルの抗原陽性、毒素も陽性になっていました。

これは面白いことになったぞ、と。
腸内フローラ移植が注目されるきっかけになった疾患に自分もかかったとなれば、移植だけで治すしかないなと。
面白いブログネタができそうで喜んでいました。
が……
いよいよ移植前の検査を改めてしたところ、治っていました
くそう、、、、、わたしの免疫力にディフィシルが負けたんか、、、、すまん、、、
と、ディフィシルに申し訳ない気持ちになりました。

5月。CTの結果は相変わらず真っ白。
「これは手術ですね」と、近くの大病院を紹介いただきました。
手術かと思いきや予約は8月まで取れませんと言われ、CDIになったので抗生物質を飲むのはやめたいと言うと「まあ、関係ないと思うけど一応やめときましょか」という流れになました。(ぜったい関係あるからな!この話題に関してはわたしのほうが有識者やからな!(TдT))

とりあえず頭も痛いし痰も出るので近くの耳鼻科に行ったんです。
そこが名医でして(関目の酒井耳鼻科というところです)、症状がすぐに治まりました。
それからしばらく通い、7月末に大病院の入院説明に行った際、検査をする気配がなかったのでCT撮ってくれませんかとお願いしたところ、3分の2くらい炎症がなくなっていました。
「うーん、手術はぶっちゃけどっちでもいいですねえ」とのこと。
いやいや、検査せんかったら「あれ、全身麻酔して内視鏡入れてみたけどかなり治ってますねえ、ハハ」ってなるとこやったやないか!!!

そんなこんなで手術はなくなり、酒井耳鼻科さんと自分の免疫力に感謝したという話でした。

まったく簡潔ではなくて申し訳ないですが、簡単に言うとこんな珍道中でした。
お察しの通り、20代にして入れ歯になります。

骨が薄くてインプラントはできないし、ブリッジは歯を削らないといけないので。
歯の型を取るときのむにゅむにゅのやつが、妙に懐かしい味がしました。(100均のチューブから絞り出す風船の味)

欧米の抗生物質が強すぎるのか


さて、日本であまりCDIが深刻化しない理由はいくつか考えられます。
そのひとつに、抗生物質の強さや量の問題があるのではないでしょうか。

つまり、欧米のほうがなんでもかんでも抗生物質に頼りまくっている可能性があります。

西洋医学発祥の地ですし、薬やサプリメント文化も発達しています。
結果的に、ディフィシルが孤立しやすく、毒性化しやすい環境になってしまったのではないでしょうか。

日本人は最強のフローラ(だった)

今日はこれを伝えたかったのですが、CDIが深刻化しないということから日本人の腸内フローラの強さが伺えます。
それは頑強な強さではなく、しなやかな柔軟性を持った強さと言っていい気がします。

○○型、みたいな枠組みを超えた多様性が果てしない。
鎖国していたくせに、多様性がとどまるところを知らない。

前に、外国人がドナーになるのは難しいという話をしましたが、実を言うと日本人の腸内フローラだけは世界中の患者さんに適応なのではないかという考えを持っていました。

その強さの秘密は、島国というところにあるとわたしたちは考えています。
微生物、生命の起源が海にあるならば、その強さの源もまた海にあるのです。
海洋性の食べ物を食べてください、とわたしたちが繰り返し言うのもそこに理由があります。

日本人の腸内細菌は、世界中の病を救うんだと本気で思っていました。
けれど近頃、その「日本人最強説」が崩れつつあります。

インターネットで海外の健康法やライフスタイル情報が簡単に手に入る時代になりました。
人類みな兄弟ですし、人間の根底には共通するものが確かにあるでしょう。

けれど、この変化は遺伝子レベルで見ると急激すぎます。
わたしたちはまだ、シマグニの民としての性質を持っているのです。

医療、こと細菌に関しては、日本と海外の研究を混同しては本質を見失うでしょう。
日本人に生まれたからこそ持っている最強の腸内細菌たち、どうかどうか大切にしてくださいね。

The following two tabs change content below.
自分の目で見えて、自分の手で触れられるものしか信じてきませんでした。 でも、目には見えないほど小さな微生物たちがこの世界には存在していて、彼らがわたしたちの毎日を守ってくれているのだと知りました。 いくつになっても世界は謎で満ちていて、ふたを開けると次は何が出てくるんだろう、とわくわくしながら暮らしています。
腸内フローラ移植(便微生物移植)を知っていますか?
わたしたちの腸に暮らす腸内細菌たちと健康との関連が、世界中で次々に明らかになってきています。 「すべての病気は腸から始まる」と言われるように、腸内環境が崩れると病気を引き起こすことが知られています。
健康な人の腸内フローラを移植することで、ふたたび健康を取り戻そうという治療法に期待が高まっています。
腸内フローラ移植(便微生物移植)とは

移植の流れ・費用

移植が受けられる医療機関

お問合せ・移植相談

コメントを残す