シンバイオシス研究所は腸内フローラ移植(便移植)の研究開発機関です。腸内フローラ移植臨床研究会の専属研究機関として、全国の医療機関と連携しています。
シンバイオシス研究所
06-6379-3328
上記の電話は腸内フローラ移植臨床研究会につながります
受付時間:10:00〜17:00(土日祝除く)

腸内フローラ移植(便微生物移植)

腸内フローラとは

連鎖球菌

「腸内フローラ」という言葉を耳にされたことはおありでしょうか?
それでは「腸内細菌」や「腸内環境」はどうでしょう。

「え、腸内に菌がいるの? 衛生的には大丈夫なの?」
そんなふうに感じられるかもしれません。

では、こんなフレーズはどうでしょう。
「お腹の調子を整えるために、ビフィズス菌を摂りましょう」
「このヨーグルトには、乳酸菌が一億個入っています!」
少し、耳馴染みのある言葉になりました。

実は、この「乳酸菌」「ビフィズス菌」と呼ばれている菌たちも、腸内細菌です。
腸内フローラ(腸内に住む細菌たちの生態系)が、さまざまな面から私たちの健康に密接に関わっていることが明らかになってきており、メディアでも取り上げられることが多くなりました。

わたしたちの腸内には、細かく分けるとなんと3万種類、重さにして1.5kg、数にして100兆〜1,000兆もの菌たちが生息していると言われています。菌たちを顕微鏡で観察したときの様子がお花畑のように見えることから、「腸内フローラ(お腹のお花畑)」と言われています。

花畑

良いバランスの腸内フローラは心身の健康に大きく貢献してくれる一方、腸内フローラバランスが崩れると、不調や病気を引き起こしてしまうことが研究によって解明されつつあります。腸からイメージしやすい便秘や下痢だけではなく、太りやすさやアレルギー疾患、うつ病や自閉症にも腸内細菌との関わりが発見されています。身体は私ひとりのものではなく、100兆の腸内細菌たちと共存共栄していると言っても過言ではないのではないでしょうか。

それは、「小型犬をお腹に一匹飼っているようなものだ」ということも、「まるでお腹の中に宇宙があるみたいだ」ということもできるかもしれません。
言うなれば、わたしたちは大きなシェアハウスのオーナーであり、そこには100〜1,000兆もの住人がいるのです。
自分の身体は自分だけのものだと思っていたのが、お腹に住んでくれている腸内細菌たちの健康にまで責任があるような使命感に燃えてきませんか?

腸内細菌を構成する腸内細菌のバランスは、人それぞれ個性があるように、人によって様々です。
その人の食生活や年齢、健康状態や生活環境、遺伝的要因などによっても変化しますが、一番影響を受けるのはストレスです。
ぐっすりと眠ったり、大きな声で気持ちよく歌を歌ったり、パン屋さんでコーヒーを飲みながら好きな作家さんの本を読んだり。そんなリラックスタイムや趣味の時間は、自分のためだけではなく腸内細菌たちのためにもいいことなのです。

腸内フローラの役割

腸内細菌たちは、人間の体が選び抜いて住んでもらっている「精鋭たち」です。この菌たちは、わたしたちの摂取する食事のほんの一部(主に水溶性食物繊維)をエサとして、有給をくれとも言わずに日々せっせと働いてくれています。

具体的にどんな働きをしてくれているのでしょう?
現在わかっているだけでも以下のような働きが確認されています。

腸内フローラバランスいい

逆に、腸内フローラバランスが悪いと、様々な病気を引き起こす原因となってしまいます。

腸内フローラバランス悪い

この他にもまだまだ研究はすすんでおり、人間の健康長寿には腸内細菌たちといい関係を築くことが欠かせない要素であることがわかってきました。

腸内フローラ移植の可能性

腸内フローラ移植の可能性

崩れてしまった腸内フローラのバランスを整えるため、健康な人の腸内フローラを移植するという治療法に期待が高まっています。

腸内フローラ移植のもっとも古い起源を持つのは、実は中国だとされています。4世紀頃、下痢が止まらずに悩んでいたエライ人のお尻から、健康な人の便を入れたところ下痢が治った、と言うのです。今のように衛生状態も良くないだろうし、移植方法も確立されていない中でそんなことをしてしまうガッツに脱帽です。

それから時は下り、1958年の偽膜性腸炎に関する報告を皮切りに、欧米では腸内フローラ移植(学術的には糞便微生物移植と呼ばれる)の研究が進んできました。
2014年には、アメリカの政府機関FDAが「クロストリジウム・ディフィシル感染症の多剤耐性時に、腸内フローラ移植が第一に選択すべき治療法である」と位置づけ、医学的にもその有効性が証明されつつあります。
また、潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患における治験でも良好な成果が出ており、他の疾患の治療法としても研究が進んでいます。

日本では2013年、各地の大学病院などをはじめとした8施設において、潰瘍性大腸炎、クローン病に特化した臨床治験がはじまりました。
「腸内フローラ」に一般の方の関心が集まるようになったのは、2015年2月に放映されたNHKスペシャル「腸内フローラ解明! 驚異の細菌パワー」がきっかけです。

腸内細菌たちの生態系(腸内フローラ)は、人体にとっていい影響も悪い影響も与えうるものであることがわかってきています。科学者たちのあいだでは、「腸内フローラは臓器である」と言われることもあります。わたしたちの健康は、腸内細菌抜きには語れないものなのではないでしょうか。

「他人の便を体内に移植する」と聞くと不安を覚えるかもしれません。ですが、臓器を移植することで健康を取り戻してきた人類の医学の進歩の過程を見ると、腸内フローラを移植することはごく自然なことなのかもしれません。
しかも、腸内フローラ移植は副作用がほとんどなく、ドナーにとっても患者にとっても負担の軽い方法で行うことが可能です。

腸内フローラが人間の病気や健康に深く関わっているとしたら、医療は間違いなく新しいステージに進化しつつある、と感じるのはわたしだけでしょうか。

腸内フローラと病気の関係

このような症状にお悩みの方はご相談ください

「+」マークをクリックすると、詳細がご覧いただけます。

潰瘍性大腸炎
潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)は、我慢できない下痢と腹痛を伴い、重度の場合は出血を伴うこともある大腸の炎症性疾患で、重症の場合は日常生活に支障をきたします。寛解、再燃を繰り返すことも特徴のひとつです。
腸内細菌のバランスが崩れていること、特定の口腔内細菌が腸まで届いてしまうこと、食生活をはじめとした生活習慣の変化、遺伝的な要因など、あらゆる方面から原因究明が進められています。しかし原因はいまだ特定されておらず、難治性の疾患として難病指定されています。若い世代を中心に、日本でも患者数が急増しています。
潰瘍性大腸炎になると、腸粘液層とそこに住む腸内細菌たちの相互の支え合い関係が崩れ、免疫の要である腸管のバリアが崩れてしまいます。
腸内フローラ移植による改善を目指す場合、移植した腸内細菌にご自身の身体が過剰反応してしまわないよう、徐々に身体に覚えてもらえるような方法で移植を行います。
潰瘍性大腸炎についての記事一覧はこちら
クローン病
クローン病は、大腸・小腸の粘膜に慢性の炎症または潰瘍をひきおこす疾患で、腹痛や下痢を伴い、難治性の疾患として難病指定されています。寛解、再燃を繰り返すことも特徴のひとつです。
潰瘍性大腸炎と似た病気とされる場合もありますが、潰瘍性大腸炎に比べ、炎症がすべての消化管に発生する可能性があることや、筋層まで達する深い炎症を起こすことが特徴です。
食事や腸内細菌に対して腸のリンパ球などの免疫細胞が過剰に反応することが原因とも考えられていますが、原因はまだわかっていません。 10代〜20代の若い人を中心に患者数が増加しています。
腸内フローラ移植による改善を目指す場合、移植した腸内細菌にご自身の身体が過剰反応してしまわないよう、徐々に身体に覚えてもらえるような方法で移植を行います。
クローン病についての記事一覧はこちら。
過敏性腸症候群
下痢は、腹痛を伴うだけではなく、栄養や水分を体に適切に吸収できない場合があります。便秘や下痢を繰り返してしまうのも、決して腸にとっていい状態とは言えません。いずれの場合も、栄養や水分を吸収する腸管や腸内に住む腸内細菌が大きく関わっているとされています。
便秘や下痢の症状があまりにもひどい場合、過敏性腸症候群と診断を受けることもあります。過敏性腸症候群は、他の疾患の可能性を検討した後に消去法的に診断が下されることが多く、背景にある原因が様々であることから、画一的な治療が難しい疾患でもあります。
腸内フローラ移植による改善を目指す場合、本人への問診や主治医からの情報をもとに移植方針を決定します。
過敏性腸症候群についての記事一覧はこちら。
便秘
食生活の変化やストレスの多い現代で、便秘に悩む人が増えています。 便秘になると、お腹の不快感や肌荒れ、ひどい場合は腸の病気を引き起こす原因ともなります。
さらには、精神疾患やがん患者の多くが便秘であったという見解まで示されています。
まさに「万病のもと」である便秘を、まずは解消することが健康維持の鍵を握ります。
便秘についての記事一覧はこちら。
精神疾患(うつ病、躁うつ病、パニック障害など)
ストレスの多い現代社会で、うつ病などの精神疾患にかかる患者数はますます増えています。心の病とも呼ばれる精神疾患ですが、実は脳の病気であるばかりか、腸にも関連があることがわかってきました。脳と腸が一億本の神経で双方向につながる腸管神経系が、精神的な症状のあらわれ方に大きく関わっているとして、研究が進んでいます。(脳腸相関)
例えば、神経伝達物質の一つであるセロトニンは、不足すると精神面に大きな影響を及ぼし、うつ病などを引き起こすこともあります。実はセロトニンは90%が腸管内にあり、脳には2%しか存在しません。腸のセロトニンと脳のセロトニンは役割が異なり、相互に直接利用することはできません。しかし、腸内環境を適切に整えることで、脳内で不足しているセロトニンの生成量を調節するのではないかと推測されてます。その際に、腸から脳へ信号を送る重要な働きをしてくれているのが、腸内細菌たちなのです。
腸内フローラ移植による改善を目指す場合、うつ病の方によく見られる、免疫力や神経伝達系を司る腸内細菌たちの比率のアンバランスを改善することを目指します。
精神疾患(うつ病、躁うつ病、パニック障害など)についての記事一覧はこちら。
糖尿病(Ⅱ型)
生活習慣などが原因で発症する糖尿病(Ⅱ型)は、様々な合併症を引き起こすリスクもはらむ危険な病気です。上がった血糖値を下げてくれる働きのあるインスリンの分泌機能がうまく働かなくなり、血糖値が異常に高い状態が続きます。
腸内細菌の出す物質には、すい臓がインスリンを出すように脳が信号を送る働きを促す作用もあります。また食事の際に、魚などの海洋性のタンパク質を最初にひと口食べることで、消化のスイッチがオンになり、インスリンの適切な分泌を引き出すことが期待できます。
腸内フローラ移植による改善を目指す場合、脂質や糖質の代謝を正常化するフローラバランスを目指します。また移植回数を重ねることで、腸と各臓器の相互通信機能を利用し、間接的に腎機能の回復を目指すこともできます。インスリン注射など投薬治療の期間が長いほど、元の状態へ戻すのが大変になってしまいます。
将来的には、自己免疫疾患とも言われる糖尿病(Ⅰ型)への応用も期待されています。
糖尿病(Ⅱ型)についての記事一覧はこちら。
脂質異常症・高血圧・動脈硬化
肥満・脂質異常・高血圧・動脈硬化には相関関係があります。今すぐ命にかかわらないと思っていても、放置するとある日突然思わぬ病気に襲われかねません。 腸内細菌の出す物質には、身体が脂肪をため込むのをブロックする、代謝を正常化する、悪玉(LDL)コレステロール比率を下げるなどの働きが期待されています。
腸内フローラ移植による改善を目指す場合、食生活や運動習慣の改善も並行して行いながら、代謝を活性化する腸内細菌を増やす方針で行うことが一般的です。
脂質異常症・高血圧・動脈硬化についての記事一覧はこちら。
アトピー・アレルギー
アトピー、アレルギーは自分を守ってくれるはずの免疫が過剰に反応して起こる、免疫力のアンバランスさが原因の疾患です。体の免疫システムができあがる17歳頃になると自然と治まることも多いのですが、食生活の変化や化学物質の多用、ストレスなどが原因で大人になっても治らない場合もあります。腸内細菌には、過剰に反応する免疫細胞をなだめる役目を持つ細胞(Tレグ)を作る、または活性化する働きがあることがわかっています。
腸内フローラ移植による改善を目指す場合、自分の免疫が過剰反応しないように気をつけながら、Tレグを増やすことのできる腸内フローラバランスへなだらかに変えていくことを目指します。免疫システムの未熟な6歳くらいまで、また体の免疫力が落ちはじめる40代以降は、腸内フローラバランスが書き換わりやすい年齢でもあります。
アトピー性皮膚炎に対する腸内フローラ移植のドナー選定は、年齢よりも免疫力の寛容性、体内に侵入する抗原をおおらかに受け入れて学習できる腸内細菌をどれだけ保有しているかを重視します。
アトピー・アレルギーについての記事一覧はこちら。
がん
日本人の死因1位であるがんは、ある日突然私たちを襲い、その治療も決して肉体的・精神的・経済的に負担の軽いものではありません。 「まさか自分ががんにはならない」と誰もが思うもので、発見が遅れることも多くあります。
最近の研究では、がんを引き起こす腸内細菌、がんを予防する腸内細菌が発見されており、腸内細菌のバランスを含めた腸内環境を適切な状態に保つことで、がんの予防や治療に役立てることが可能になってきています。
腸内フローラ移植による改善を目指す場合、個々の体質や発症部位によって移植方針が変わります。多くの場合、必要に応じて他の治療法も取り入れながら、腸管免疫から全身の免疫力を正常化することを目的とした移植を行います。
がんについての記事一覧はこちら。
生理痛、生理不順、PMS、更年期障害、不妊
女性は、月経(生理)に合わせてホルモンバランスが日々変化します。 一生のあいだにたったスプーン1杯分しか分泌されない女性ホルモンですが、そのバランスが崩れると生理痛、生理不順、PMS(月経前症候群)など不調の原因になります。腸内細菌はホルモンバランスを整える一方、その変化に合わせて防御物質を出して痛みを引き起こす働きもあります。
加齢もホルモンバランスが変化する要因です。本来はその変化に伴って臓器の働きも変化しなければいけないはずが、その変化が追いつかずにアンバランスな状態になることが更年期障害の原因です。腸内細菌が出す物質が血中を通り、その変化の信号の役目を果たしてくれます。
女性側に原因のある不妊症でも、ホルモンバランスの乱れや免疫系の異常が原因である場合もあると言われています。
これら女性特有の不調も、腸内環境・腸内細菌のバランスを整えることで改善することが期待されています。
生理痛、生理不順、PMS、更年期障害、不妊についての記事一覧はこちら。

その他、どのような疾病でもぜひ一度ご相談ください。

当院(当研究所)の腸内フローラ移植技術特徴

当院(当研究所)の腸内フローラ移植技術特徴
  • 患者様に負担の少ないカテーテルによる注腸式
  • ドナーバンクに在籍するドナーから選んだ菌液を使用
  • 高い生着効果

独自に開発した当院(当研究所)の移植は、ドナーバンクから厳選した菌液や、移植後の高い生着効果が特徴です。
また、ほとんどの提携医療機関にて、患者様に負担の少ないカテーテルによる注腸式を採用しています。
(患者様の状態によっては、大腸内視鏡による移植がより適切であると主治医が判断する場合もあります)

以下に当院(当研究所)の移植菌液の特徴や提携医療機関での移植方法と、一般的な方法(大学病院などでの臨床治験で使われる方法)の比較をしております。
いずれも、便から食物繊維などの不純物を極力取り除き、菌液の状態にする点では共通しています。

当院(当研究所) 一般的な方法
【移植方法】
・注腸方式

腸カテーテルを肛門より17〜20cm程度挿入し(炎症がある場合を除く)、1回に100ml〜250mlの菌液を注入する。痛みが少なく、事前の準備もほとんど必要ない
【移植方法】
・大腸内視鏡方式

潰瘍などの場所を確認しながら行える。腸管洗浄剤の飲用や食事制限など、患者様の負担が大きい場合がある。
【ドナー】
ドナーバンクに在籍するドナーの菌液を使用している。診察及び血液、尿、便など様々な検査をパスした「健康な人」をドナーとする。
【ドナー】
倫理的な配慮より、二親等以内の親族の便を使用。
※一部の大学病院は規制を緩和
【菌液精製方法】
溶解水やドナー選定、濃度を独自の方法で開発した菌液を使用。
【菌液精製方法】
便を生理食塩水に溶かした菌液を使用。

腸内フローラ移植技術に関する特許を申請中です

お問合せはこちら