1982年から続けてきた微生物の基礎研究や医療機関における臨床を経て、独自の腸内フローラ移植(便移植)方法を開発しました。微生物たちとの共存共栄には、無限の可能性があると信じています。
シンバイオシス研究所 -微生物との共存共栄-
上記の電話は腸内フローラ移植臨床研究会につながります
受付時間:10:00〜17:00(土日祝除く)

腸内フローラ移植臨床研究会の理事会&勉強会を開催しました

日曜日は、腸内フローラ移植臨床研究会の理事会&勉強会でした。

当研究所ならびに併設クリニックに、たくさんの先生がお越しくださいました!
いつもの頼もしい理事&評議員の先生方が中心となり、腸内フローラと全身の健康について、活発な意見交換をさせていただき、大変勉強になりました。

実は、わたしと清水が裏で「緊張するなぁぁ〜!」と言い合っているあいだに、写真撮影が終わっておりました。笑

研究所の職員である清水は普段はあまり人前に出ることがないのですが、数少ない貴重な機会に存分に緊張させていただきましたっ。

【研究会理事会の様子】
腸内フローラ移植

【勉強会の様子】
腸内フローラ勉強会

【知らないあいだに終わっていた写真撮影】
腸内フローラ移植臨床研究会

【理事&評議員の先生方の講義を後ろで大人しく拝聴する清水とちひろ】
腸内フローラ移植

移植ができる医療機関、移植の相談ができる医療機関がどんどん増えていき、多くの患者様にお届けできるのが楽しみです。

研究所としての役割を再認識した一日でした。

患者様と臨床医の先生方が病気と向き合う時、腸内フローラ移植が希望ある選択肢になるよう、移植菌液研究開発チームがんばりますっ!!!

The following two tabs change content below.
自分の目で見えて、自分の手で触れられるものしか信じてきませんでした。 でも、目には見えないほど小さな微生物たちがこの世界には存在していて、彼らがわたしたちの毎日を守ってくれているのだと知りました。 いくつになっても世界は謎で満ちていて、ふたを開けると次は何が出てくるんだろう、とわくわくしながら暮らしています。 ご挨拶と自己紹介も併せてご覧ください。
腸内フローラ移植(便微生物移植)を知っていますか?
わたしたちの腸に暮らす腸内細菌たちと健康との関連が、世界中で次々に明らかになってきています。 「すべての病気は腸から始まる」と言われるように、腸内環境が崩れると病気を引き起こすことが知られています。
健康な人の腸内フローラを移植することで、ふたたび健康を取り戻そうという治療法に期待が高まっています。
logo
腸内フローラ移植(便微生物移植)とは

移植の流れ・費用

移植が受けられる医療機関

お問合せ・移植相談

コメントを残す