1982年から続けてきた微生物の基礎研究や医療機関における臨床を経て、独自の腸内フローラ移植(便移植)方法を開発しました。微生物たちとの共存共栄には、無限の可能性があると信じています。
シンバイオシス研究所 -微生物との共存共栄-
上記の電話は腸内フローラ移植臨床研究会につながります
受付時間:10:00〜17:00(土日祝除く)

全く血便も腹痛もなく完璧な状態【潰瘍性大腸炎(直腸型) Y.O様】

昨年1月に大腸ファイバー検査にて潰瘍性大腸炎と診断を受けたY.O様。
排便時に出血があり、ペンタサとステロイドを服用しておられました。
主治医の観察のもと、半年間で35回の腸内フローラ移植を行いました。

波のある右肩上がりではあったものの、腹痛や出血のない状態まで回復されました。

1. 糞便微生物移植(腸内フローラ移植)受診まで

Q,糞便微生物移植(腸内フローラ移植)を知ったきっかけは何ですか?
家族・知人,テレビ・ラジオ・雑誌

Q,糞便微生物移植(腸内フローラ移植)を知ってから実際に受けるまでに感じた疑問や不安はありましたか?
大きな病院で限られた人数のみ受診できることはテレビ等で知っていました。
ですが、当クリニックで受診できることを知った時は、私にとって希望の光でした。

実際受けるまでは、初めての治療法だったので何もかもが不安でした。

本当によくなるのか?治療に際して本当に痛みはないのか?
そして肛門からの移植という時点で、大腸ファイバーの検査をするときのような痛みはやはりあるのではないか?というのがとても大きな不安でした。

Q,糞便微生物移植(腸内フローラ移植)という方法、また当クリニックをお選びいただいた理由は何ですか?
この方法を選んだ理由は、かかりつけ医にて坐剤や飲み薬を処方してもらっていますが、進展が見られないこと。
だったら他の方法も試せるのであれば試したい!という気持ちと、直接腸に働きかけることができるのであれば、最短ルートではないかと思ったからです。

まことクリニック様にお世話になろうと思ったきっかけは、インターネットで調べていたら、とある方のHPに記載してあったので、そこから検索してたどり着きました。
私は島根からの受診になるので、交通の便等も考えるととてもお世話になりやすい所だと思いました。

まことクリニック平成30年8月をもちまして閉院いたしました。
移植のお問合せは移植のできる提携医療機関腸内フローラ移植臨床研究会、または当サイトお問合せフォームへお願いいたします。

2. 受診・移植当日について

Q,当クリニックからの説明は十分でわかりやすかったですか?(受診の流れ、費用、移植内容などについて)
全ての説明は、順を追って丁寧に説明してくださったのでとても分かりやすかったです。

Q,移植時の痛み・不快感はありませんでしたか?
全くありませんでした。

Q,来院からお帰りまで、気持ちよくお過ごしいただけましたか?
はい。皆さんとても親切な方々ばかりなので、気持ちにもゆとりができ、安心して受診することができました。

3. 初回移植後~移植期間中について

Q,初回移植当日から翌日にかけて、また複数回の移植を受ける中で、体調や気分の変化はありましたか?
初めての治療法に対しての不安は少なからずともありました。

実際移植して、痛み等はありませんでした。
移植したことによって気分的には楽になりました。

4. 移植終了後について

Q,移植を終えて、体調や気分、検査数値などの変化はありましたか?
最後の移植後、数か月は全く血便も腹痛もなく完璧な状態でした。
がしかし、今年1月早々より、寒さの影響と水分を取ることが少なくなったことが影響してなのか、また腹痛と血便が出るようになってしまいました。

Q,移植前に期待していた効果は得られましたか?
効果は確実にあったと思います。

5. その他

Q,お褒めいただける点(スタッフの励みになります)やご指摘いただける点(真摯に受け止めます)について何でもお書きください。
清水さんが面白すぎます(笑)
とにかく皆さんとてもやさしく、治療の話以外にも色々なお話ができたのでとても楽しい治療でした。

*スタッフより

長期にわたる治療、お疲れ様でした。
おっしゃるとおり、寒さなどの肉体的ストレスや、水分不足は腸内細菌のバランスを崩してしまう要因となります。
どうぞお体を大切に、いざというときはぜひ早めに移植処置をご検討いただき、再燃のなきよう心より願います。

※あくまで移植を受けた個人の感想であり、効果効能を保証するものではございません。

The following two tabs change content below.
自分の目で見えて、自分の手で触れられるものしか信じてきませんでした。 でも、目には見えないほど小さな微生物たちがこの世界には存在していて、彼らがわたしたちの毎日を守ってくれているのだと知りました。 いくつになっても世界は謎で満ちていて、ふたを開けると次は何が出てくるんだろう、とわくわくしながら暮らしています。 ご挨拶と自己紹介も併せてご覧ください。
腸内フローラ移植(便微生物移植)を知っていますか?
わたしたちの腸に暮らす腸内細菌たちと健康との関連が、世界中で次々に明らかになってきています。 「すべての病気は腸から始まる」と言われるように、腸内環境が崩れると病気を引き起こすことが知られています。
健康な人の腸内フローラを移植することで、ふたたび健康を取り戻そうという治療法に期待が高まっています。
logo
腸内フローラ移植(便微生物移植)とは

移植の流れ・費用

移植が受けられる医療機関

お問合せ・移植相談
クラウドファンディング挑戦中!
クラウドファンディング挑戦中!

コメントを残す