1982年から続けてきた微生物の基礎研究や医療機関における臨床を経て、独自の腸内フローラ移植(便移植)方法を開発しました。微生物たちとの共存共栄には、無限の可能性があると信じています。
シンバイオシス研究所 -微生物との共存共栄-
上記の電話は腸内フローラ移植臨床研究会につながります
受付時間:10:00〜17:00(土日祝除く)

腸内フローラ移植(便移植)、ドナー情報の公開はじめました

便バンク

例えば。
例えばですよ?

人さまのウンチを原料にして作った液体を、自分のおしりから入れる方法があったとします。

特に実益もなくそういった行為をすることは俗に「プレイ」と呼ばれ、一部の愛好家の手によって受け継がれています。
でもそれが、病気を遠ざけたり健康を手に入れるため、ということになると話は変わります。

医療分野の研究に熱心な国では、政府の予算をつぎ込んで「治療法」としての研究が始まります。

人生は、健康な心身ありきですもんね。
そのためには、人って何でもするんやなぁ。(君の研究所のメインテーマや)

腸内フローラ移植おさらい

小うんち

腸内フローラ移植というのは、別名「便移植」、「糞便微生物移植」などと呼ばれています。
本当の意味で健康な人は、多くの場合健やかな腸内細菌たちと共生しています。

そして彼らのウンチには、「まだまだ現役やけど、若い世代に任せるわ〜」と出てきた腸内細菌たちがたくさんいます。

これ、尿にも同じことが言えるんですが、わたしたちの身体は常に「最新かつ最良」の状態を保とうとするので、余った物質は有益なものでも一旦体外へ排出されます。

「まだ使えるから」という理由で、半面だけ噛んだティッシュを保管しておいて、次回鼻を噛む時に使うわたしとは大違いです。
そして忘れられて溜まっていく、半面使用済みティッシュ。(もうほんまドン引きやわ)

そんなわけで、ティッシュとは違いますが、まだまだ元気に働いてくれる腸内細菌(元気村出身)を、ちょっと元気のない腸内細菌たちのいるところに戻してやるイメージです。
これが、腸内フローラ移植(便移植)。

ある会社があってね、そこは人材育成の仕組みが素晴らしくて、若手だけで十分やっていけるとします。
そんで、中堅以上の社員(腸内細菌)たちは「早期リタイアでもすっか!」と会社(肛門)から出てくるわけですが、
それをわたしたちがスカウトして、業績が落ち気味な会社へオッサンチームを送り込むんです。

プロジェクト名:オッサン革命(リターンズ)

ださ! 名前ださ! はずかし!!

でも、有能で経験も積んだ社員たちは、ものすごく頼りになります。
移植を受ける身としては、なんとか彼らについていきたいところ。

うまくいけば、一人、また一人と優秀な社員が育っていって、業績も回復します。

どんな人が腸内フローラ移植(便移植)のドナーになれる?

ドナーについては、今まで何度か書いてきました。

腸内フローラ移植(便移植)で使う便のドナーはどんな人か?

あなたのうんちが誰かの役に立つ。腸内フローラ移植のドナーについての考え方。

ドナーは「理想の腸内フローラ」を持った人がなれるのか

記事をご覧いただいた方は、フローラバランスだけを見ているわけではないということがわかっていただけているかと思います。
腸内フローラバランス検査で出てくるのは、「○○菌が○%いますよ!」ってことだけです。

ドナーが健康なのは、個々の腸内細菌たちの良さを最大限に活かせているということです。
菌のパワー(力価と呼びます)が強いことや、菌が外敵と闘うのではなく有益な物質を出すことに集中できる環境を作ってやれているんです。

優秀な腸内細菌の能力をのびのび発揮させてやれる身体と、優秀な腸内細菌が身体を健康に保つという、まさにシンバイオシス(共存共栄)なわけですね。

移植におけるドナー情報の一般的な鉄則

マッチング

「臓器移植」という言葉自体は、よく耳にする言葉です。
死亡した人がドナーになる場合、生きている人がドナーになる場合、いろいろあります。

  • 心臓移植
  • 肺移植
  • 腎移植
  • 肝移植
  • 膵移植
  • 小腸移植
  • 造血幹細胞移植(骨髄移植)
  • 角膜移植

実は臓器移植の歴史は短く、日本で本格的に移植が始まったのは、1964年です。まだ半世紀ほどしか経っていないんですね。
移植に関しては、臓器売買や脳死判定など、倫理的な論議が依然として続けられていますが、ドナーとレシピエント(患者)の関係もよく問題になります。

日本の臓器移植では、患者側はドナーの情報をほとんど知ることができません。
年齢や性別、そして移植に必要な情報など、個人が特定できない(人となりもまったくわからない)情報しか伝えられません。

これは、ドナー側(遺族含め)とレシピエント側のメンタル面や、日常生活における安全性の確保などを理由に、完全非公開が鉄則です。

とはいえ、ドナーは患者さんのその後のことをもっと知りたいし、患者さんもドナーがいったいどんな人なのか知りたい、という声もよく挙がるようです。

このあたりの倫理的な問題、いろいろと奥が深すぎて、調べるだけで午前中が終わろうとしている。
正解がない問題に正解(と理屈)をつけていくのって、「どこまで妥協するか」とほぼイコールな気がするわ。

2チャンネルの大河ドラマを見たいお父さんと、10チャンネルのイッテQを見たいわたし。
2チャンネルにする代わりにアイスをおごってもらうか、10チャンネルにしてお酒を作ってあげるか、逆に8チャンネルのしょうもない番組にしてお互い気まずい感じになるか。(8チャンネルに怒られるわ)

ドナー情報の公開、はじめました

ドナー情報

腸内フローラ(腸内細菌たち)の働きが予想以上に大きかったことから、腸内フローラは臓器として語られることもあります。

ですが腸内フローラ移植は、まだ治験段階ということもあって、法的な縛りが一切ありません。
ドナー情報を公開してはいけないという決まりもありません。

というか、日本にはドナーバンクさえきちんと整ってはいません。
5年前に立ち上げたシンバイオシスのドナーバンクを、研究会のボランティアドナーバンクに組織改編するべく頑張っていますが、
アメリカのドナーバンクのサイト見てたら、本格的すぎてひるんだ。

日本、頑張らないとあかんわ。
順天堂大学も、昨年から便バンク方式に変更しているようです。
日本チーム、一丸となって頑張っていきましょう!(どこかの大学病院に声をかけていただくのを待っているシンバイオシス)

シンバイオシスでも、ドナー情報は一切非公開、ドナー自身も「私がドナーです」は他言できませんという制約を設けてきました。
が、患者さんから「ドナーがどんな人か知りたい」というお声を猛烈に頂戴しまして。

まあ確かに気になるよね〜という研究所内の会議の末、ドナー情報の一部を患者さんにお渡しすることになりました。

ドナーを全部ボランティアに切り替えたタイミングで、
「個人がわからないようにするんで、結果の一部患者さんに見せてOK?」
「ちょっとコメントくれません? 5行ぐらいで!」
と、厚かましいお願い何連発もしたのに、快く了承してくれたドナーたちって、ほんまに性格いいわ。(御礼に今度みかんあげよ)

お渡しする内容は以下の通り。

  • 血液一般検査
  • 生化学一般検査
  • 腫瘍、免疫機能、ホルモン分泌検査
  • 各種感染症など

70項目以上を定期的に検査して、その結果をまとめたものとして、上に書いたような内容それぞれに「異常なし」とか「陰性」として用紙を作成しています。
だって、「CA123」とか「αフェトプロテイン」とか言われても、患者さんの立場からして意味不明じゃない?

あとは、ドナーからのコメント、ドナーバンク管理者からの人物評価コメント、それから腸内フローラバランスの結果を入れています。

こんだけあれば十分かな?
ドナーたち、これだけいろいろしてくれていて、しかも毎日のようにせっせとウンチを出してくれているので、せめて患者さんの「良くなったよ〜」の声くらいは聞かせてあげたいなと思っています。

というわけで、移植をお受けいただいた方、移植後のアンケートもお待ちしています!
今まで移植を受けられて、ドナー情報を知りたいという方は、ご連絡ください。

いつか腸内フローラ移植も臓器移植医療として認定されて、ドナー情報を公開できなくなる日が来るかもしれませんが、まあそれまでは。

The following two tabs change content below.
自分の目で見えて、自分の手で触れられるものしか信じてきませんでした。 でも、目には見えないほど小さな微生物たちがこの世界には存在していて、彼らがわたしたちの毎日を守ってくれているのだと知りました。 いくつになっても世界は謎で満ちていて、ふたを開けると次は何が出てくるんだろう、とわくわくしながら暮らしています。 ご挨拶と自己紹介も併せてご覧ください。
腸内フローラ移植(便微生物移植)を知っていますか?
わたしたちの腸に暮らす腸内細菌たちと健康との関連が、世界中で次々に明らかになってきています。 「すべての病気は腸から始まる」と言われるように、腸内環境が崩れると病気を引き起こすことが知られています。
健康な人の腸内フローラを移植することで、ふたたび健康を取り戻そうという治療法に期待が高まっています。
logo
腸内フローラ移植(便微生物移植)とは

移植の流れ・費用

移植が受けられる医療機関

お問合せ・移植相談

コメントを残す