1982年から続けてきた微生物の基礎研究や医療機関における臨床を経て、独自の腸内フローラ移植(便移植)方法を開発しました。微生物たちとの共存共栄には、無限の可能性があると信じています。
シンバイオシス研究所 -微生物との共存共栄-
上記の電話は腸内フローラ移植臨床研究会につながります
受付時間:10:00〜17:00(土日祝除く)

便秘になる理由と、ぶりぶり出た後の快感について語るときに我々の語ること

快便

「シンバイオシス(細菌との共存共栄)」と名のつく研究所に勤めていながらはなはだ恥ずかしい限りなんですが、わたしはけっこう便秘がちです。
しかも、巷で言われている「便秘解消法」みたいなやつはだいたい全部網羅してるから、巷の情報ってぜんぜん当てにならへんわと思っている。(星座占いで8位以下の日は信じないタイプ)

うちの上司は、どんなに食生活が乱れていても(昼はカップラーメン、あるいは昼抜き)、どんなに睡眠不足でも(平均睡眠時間3時間)、毎日食事のたびに快便らしい。朝夜は健康的な食事をしているそうですが。しかもめっちゃ食べる。
腹立たしいので、今朝のLINEを晒しておくことにします。

ちひろ「おはようございます。すみません、今日出勤ギリギリになりそうです(汗) もうすぐ家を出ます」

おじさん「僕もです。いまウンチを産んでいます」
おじさん「出産中」
おじさん「わー、潜水艦が浮上してきたぁ!」

と、まるで女子高生のように細切れのLINEを送ってくるおじさんに、かれこれ2週間近くコロコロウンチしか出ない、もしくはまったくウンチ出ない生活をしていたわたしはイラッとしました。
その後、午前中にめちゃくちゃぶりぶり出まして、ものすごく気持ちよかったので、仲直りしました。

ちなみに、今日のタイトルはもちろん、かの有名なレイモンド・カーヴァー著『愛について語るときに我々の語ること』から拝借しています。
レイモンド・カーヴァーの作品の中でも、ピカイチに大好きなやつ。

快便になるための努力はしていることについて語る時に我々の語ること

便秘解消

それにしても、なんでわたし便秘になるんやろう?

参考までに便秘解消対策ざっとあげてみましょうか?
「これ私もやってるのに便秘ー! 一緒ー!」となった方は、わたしと同じです。
今日からウン友(ウンコ友達)になりましょう。

1,野菜大好き

家族で「さとしゃぶ」とか行ったら、野菜高騰してるのに「さと」さんすみませんってぐらい食べる。

「すいませーん、とりあえず白菜と長ネギと青菜10人前ずつと、水菜と三つ葉とトマト5人前ずつ、しめじ7人前、豆腐くずきり糸こんは5人前ずつ、あと枝豆3人前と、え、お父さんも枝豆いる? すいません、枝豆4人前で」
みたいな頼み方を3回くらいする。

しかも、うちの家族はなぜかあんまり野菜を食べへんから、だいたい全部ひとりで食べる。
家族と好みが違いすぎて、わたしって、どっかから拾われてきたんかなって思う。
でもお父さんと眉毛一緒やしな。お母さんと目一緒って言われるし(お母さん、しじみみたいな目やけど)。たぶん彼らの子ども。

前に行ったとき、小学校の同級生の妹おってめっちゃ恥ずかしかったわ。

果物も海藻も好きなんで、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方ちゃんと摂っています。

2,発酵食品をよく食べる

これも、いわゆる善玉菌とやらを増やしましょうとよく言われるやつ。
納豆も好きやし、ヨーグルトも1回で400g入り1パックいってまう。

食べ過ぎなんかな?

3,水をめっちゃ飲む

朝起きてすぐに、コップ1〜2杯の水をごくごくと飲む。
この時期って乾燥してるし、ほんまにおいしい。

できたら白湯にしたらいいんやろうけど、喉乾いてるから冷たいのを我慢して飲んでます。
日中は白湯を2リットルぐらい飲む。

教科書みたいな子でしょ?

4,便秘解消ストレッチする

以前の記事「便座でできる便秘解消「うんちストレッチ」で、うん値をあげていこう」で紹介したストレッチを、基本的には午前中毎日しています。
よほど特殊な事情でバタバタしていたり、起きたら午後やったみたいな場合を除き。

あと、駅までは10分ぐらい歩くし、週に1回はヨガしてるし。
十分ではないかもしれないが、極端に運動不足でもないのでは。
でも職場ではトイレへの往復ぐらいしか運動せん。

便秘になる理由について語る時に我々の語ること

便秘

これらの涙ぐましい努力にもかかわらず、便秘は完全に解消したとは言えない。
特に、冬はなんとなく便秘になる気がします。
ウンチのことを詳しく知り、おおよそ半年にわたる考察を重ねた結果、だいたい理由がつかめてきた気がします。

以下、よろしければご参考までに。

食物繊維摂りすぎ
わたしのように、比較的偏食気味で野菜とか果物、ナッツ類を多く食べる人が陥りがち。ベジタリアンにも便秘って多いらしい。
ダイエット中の女の人も、食事量が少ない以外にも野菜しか食べないみたいなタイプの人も便秘になりがちです。おならも臭くなる。
というか、健康志向の人はけっこうこのパターンになってしまって、便秘になるねんて〜
お米・肉の摂取量
わたしは、お米や肉をあんまり口にしません。
別に倫理的な理由とか、健康上の理由とか高尚な感じではなく、単なる好み。
どちらかというと、小麦や果物で炭水化物を摂取し、肉ではなく魚と豆類でたんぱく質を摂取します。
お肉って便秘の原因ってネット記事とかによく出ていますが、食べないのも便秘の原因なんだとか。
深夜の食事
これはほんまにあかんと思う。
夜遅くに帰って、そっからフツーにご飯食べて、なんかダラダラとお酒飲みながらデザートも食べて、休日は全然違う時間に晩ごはん食べてる。
これはほんまにあかんと思う。
わかってる。これはほんまにあかんと思う。わかってるねん。。。。
間食で腸に休むスキを与えない
集中してるときは別として、普通の事務作業してるときって何か口に入ってないと落ち着かへん。
お腹すいてることもあるし、ただ口さみしいときもあるけど、消化管フル稼働状態。
それにもかかわらず、寝る直前に晩ごはん食べるから、ほんまに胃も腸もごめんってなる。でも食べずにはおれん…病気かな…(意志の問題や)
ストレス
またこれやで。
「ストレスは万病の元です。ストレスの少ない生活を心がけましょう」ってよく聞くけど、そんなん自由自在にできたら人間じゃなくない?
寒いのが特に苦手なこと、最近訳あって2回も引っ越ししたことなんかもあり、環境要因のストレスもあったのかも。
そんなオールマイティな「ストレス」は、もちろん便秘の原因にもなります。
生理前
男性にはイメージがわきにくいと思うんですが、生理前に便秘になる女性は多いです。
生理前というのは、女性の身体が妊娠に備える時期です。もし妊娠したら赤ちゃんを育てるためのエネルギーがいるので、身体は栄養を溜め込もうとします。
甘いものがやたら食べたくなったり、むくんだりしますよね。でも、なにもウンコを溜め込まなくてもええやんかと思いますけど。

ぶりぶり出たときの快感について語る時に我々の語ること

便秘解消

逆説的ですが、便秘の人間であるほど「ぶりぶり出たときの快感」についてより雄弁になるのではないでしょうか。

何の努力もせずに毎日ぶりぶり出す人って、そのありがたみわかってないと思う。

便秘になると、身体が重だるくなるのはもちろん、なんとなく気持ち悪くなったり、肌が荒れたりする。
しかも、精神的にもイライラしてストレス溜まる。

ストレスって、便秘になるんでしたっけね! でもね、ウンコさえ出たらイライラもしませんけどね! ってなる。(落ち着け)

そういう時は腸を休めましょうとか言われても、普通にお腹はすく。
こんなに食べているのに、彼らはいったいどこへ消えてるん? って思う。
脂肪になってるん? 最悪やわ。
イメージとしては、出口のない洞窟に何でもかんでもゴミを放り込み続けてる感じ。

ほんで、出たときのうれしさといったら。
まず、鶯ボールにビッグライト当てたみたいなコロコロのやつが出て、それで栓が抜けたみたいにモロモロっとしたやつか、泥状のやつが出る。(汚くてほんまにごめんなさい。でも汚くないから! ウンコは世界を救うよ!)

わたしたちの腸は小腸で栄養分を吸収し、大腸で水分を吸収しているのですが、便秘の場合は水分が吸収されすぎているんですね。
だから、ウンコがコロコロになってしまって、出にくくなる。

そうなると、「ヤバイ! ウンコが体内に長く留まりすぎてるよ!」って身体は察知して、大腸での水分吸収を止めるんです。
そういうわけで、後ろにつかえていたウンコたちは水分量が多い状態で出てくるってわけ。

こういう仕組みを考えると、人間の身体ってほんまにすごすぎませんか?

毎日満点のウンコが出ると、性格も変わる気がします。

The following two tabs change content below.
自分の目で見えて、自分の手で触れられるものしか信じてきませんでした。 でも、目には見えないほど小さな微生物たちがこの世界には存在していて、彼らがわたしたちの毎日を守ってくれているのだと知りました。 いくつになっても世界は謎で満ちていて、ふたを開けると次は何が出てくるんだろう、とわくわくしながら暮らしています。 ご挨拶と自己紹介も併せてご覧ください。
腸内フローラ移植(便微生物移植)を知っていますか?
わたしたちの腸に暮らす腸内細菌たちと健康との関連が、世界中で次々に明らかになってきています。 「すべての病気は腸から始まる」と言われるように、腸内環境が崩れると病気を引き起こすことが知られています。
健康な人の腸内フローラを移植することで、ふたたび健康を取り戻そうという治療法に期待が高まっています。
logo
腸内フローラ移植(便微生物移植)とは

移植の流れ・費用

移植が受けられる医療機関

お問合せ・移植相談

コメントを残す