1982年から続けてきた微生物の基礎研究や医療機関における臨床を経て、独自の腸内フローラ移植(便移植)方法を開発しました。微生物たちとの共存共栄には、無限の可能性があると信じています。
シンバイオシス研究所 -微生物との共存共栄-
上記の電話は腸内フローラ移植臨床研究会につながります
受付時間:10:00〜17:00(土日祝除く)

長野県で腸内フローラ移植ができるクリニックを紹介!菌も喜ぶ自然の恵み。

長野県茅野市

田舎が大好きで、大きな仕事が終わると2〜3週間休みを取って(それか辞めて)、長野や岡山で微妙に住んだりします。(微妙に住むって何)

でも、昼も夜も完全な一人が寂しすぎて、また大阪に帰ってきてしまいます。
誰か一緒に田舎に住みませんか。

さて、本格的な冬に入る前に、長野県のライフクリニック蓼科の訪問がついに叶いました!

ライフクリニック蓼科は、長野県の茅野(ちの)市に昨年9月できたばかり。
はじめてわたしたちのラボをご訪問くださったとき、完成間近のクリニックのお話と、
やっぱりウンチは最強ですよね!!!」と目を輝かせてお話くださった麻植ホルム正之院長先生のお顔が忘れられません。

あれから一年。
シンバイオシスも、ライフクリニック蓼科も、生まれたばかりの怒涛の一年を過ごし、ようやく今回訪問することができました。
忙しい日々に疲れた方、長野の雄大な自然をレポートするので癒やされてください。(クリニックのことレポートせい)

茅野の分岐にできた次世代のクリニック

ライフクリニック蓼科のあるところは、比較的車の往来があるビーナスライン沿い。

ここは、左手は別荘地、右手は市街地、正面には古き良き村があるという、まさに地域の暮らしが「交差する」場所にあります。

ライフクリニック蓼科

医療機関らしくないフォルムに、始めのうちは地域の方も様子見がちだったんだとか。
建物の左側にはカフェ「FIKA」があり、患者さんじゃなくとも気軽に立ち寄って休むことができます。

カフェの中からの眺め。

カフェFIKA

※この時点で、完全に仕事モードはオフになりました。(こらこら)

そして、こだわりのフレンチプレスコーヒーをいただきながら、院長先生の診療が終わるまで待たせてもらいました。

フレンチプレスコーヒー

※この時点で、完全にロングバケーションモード。(すみません、寝ていいですか?)

医食同源の考えが広まり、食事指導をはじめとした栄養指導が、徐々に医療の現場にも取り入れられるようになってきました。
中には、カフェインや乳製品を厳格に禁じるものもありますが、
ホルム先生は「みんな違うんだから、食事管理は60点でいい」とおっしゃいます。

食事の長いNGリストを作るのではなく、知っていれば、そして少し意識すれば食べるものや食べたいものは変わります。

自販機の缶コーヒーではなく、安いコーヒー豆でいいから自分で淹れるコーヒーを。
そしてたまの贅沢に、こだわりの豆で淹れたてのコーヒーを。
コーヒー好きにとって、それは「しあわせ」であり、人生の一部でもあります。

それを「カフェインはだめ。中毒になっているだけ」と一刀両断するのではない柔軟性こそが、病気を遠ざける気がします。

医療を暮らしに、医療から笑顔に

クリニックに入ってまず目を引くのが、壁に書かれたこの文字。

ライフクリニック蓼科

これだけを見ると、ただただ洗練された、次世代型のコンセプトを持つクリニックだという印象を受けます。
それだけでも十分価値のある場所なのですが、
ホルム先生のことを少しでも知っている人は、自然と頬がほころぶはずです。

この先生が掲げる言葉なら、ただのかっこいいキャッチコピーなんかでは終わらないということがわかるから。

そしてすぐ右手にあるのが、床暖房付きのキッズルーム。

キッズルーム

診察までの待ち時間、ここで子供たちが待っていられるんです。
お母さんには嬉しい場所だと思いませんか?

と思いきや、そのためだけの場所ではありませんでした。
なんと、ここで子供たちが遊んで待っているところに、院長先生がやってきてキッズルームで診察なさるそうです。
「病気になって、そのうえ診察室で怖い思いをする必要はないでしょう」と。

すてきすぎる……!!!
蓼科の子になりたい。(28歳)

小学校に上がりたての頃、公園でお尻に太い折枝がぶっ刺さって縫う手術をしたんですが、あれは怖かった。
「殺される〜!! お母さん助けて〜!! 地獄や〜〜」と病院中に響き渡る声で叫んだ記憶がある。
思えば、あの頃からお尻に縁があったんですね。(どんな考察やねん)

あまり本格的な設備の整ったクリニックのない地域のようで、ホルム先生の意気込みが伝わってくる装備でした。

ライフクリニック蓼科

エコーもCTも内視鏡も、人間ドッグに必要な機械たちも全部、最新のものが揃っていました。

これまでこのあたりの地域の方は、精密検査が必要な場合や重症になった場合には、わざわざ東京まで出掛けておられたそうです。
それが、わたしたちが伺ったときには、駐車場に東京ナンバーがたくさん停まっていました。

研究会のポスターも発見!

腸内フローラ移植

院長先生に移植を体験していただきました

こちらのクリニックで移植を行うことになる場合、おそらくこちらの内視鏡室がいちばん使う場面が多いのではないかということです。

内視鏡室

ぽつんと置かれた我々の移植処置用の道具一式が、
洗練された空間にいきなり放り込まれた若手お笑い芸人のような佇まいで、ちょっと愛おしくなりました。

さて、訪問の目玉でもある院長先生の穴開きパンツ姿!(慎みなさい)
決して難しいものではないですが、移植の流れをひととおり体験していただくため、ほとんどの医療機関で院長先生を練習台にさせていただいています。(快諾してくれる先生ばかりという奇跡)

麻植ホルム先生

そして、泊りがけで行かせていただいたこの二日間。
最近心身ともに疲れ気味で、なんと便秘気味だったのです(珍しく)。
イライラして、仕事に追われている感じでした。

それが、きれいな空気と美味しい食べ物、ゆったりとした空間のおかげで、すごくリフレッシュできました。
帰阪翌日、腸内に留まっていた真っ黒のウンコがどっさり出てくれました。(そんな報告いらんわ)

大阪からだと少し遠いのですが、移植を決断するということは身体や心が弱っておられる方がほとんどだと思います。
もしできるならば、思い切って一週間とか二週間とか休みを取れる環境があるなら、
大自然と美味しい食べ物、喧騒を離れた場所に身を置いて、長野で移植をしながらじっくり療養されるのもいいだろうなあ、と思います。

長野滞在でいちばん美味しかったのは、
お味噌屋さんの焦がし味噌の焼きおにぎりと、
ホルム先生のとこのコーヒーと、
ホルム先生のとこのおからクッキーと、
手づくりジェラートのお店のヨーグルト味とミルク味と抹茶味と、
ガソリンスタンドのお兄さんに教えてもらったお店の十割蕎麦です。(いちばん、って意味わかってる?)

The following two tabs change content below.
自分の目で見えて、自分の手で触れられるものしか信じてきませんでした。 でも、目には見えないほど小さな微生物たちがこの世界には存在していて、彼らがわたしたちの毎日を守ってくれているのだと知りました。 いくつになっても世界は謎で満ちていて、ふたを開けると次は何が出てくるんだろう、とわくわくしながら暮らしています。 ご挨拶と自己紹介も併せてご覧ください。
腸内フローラ移植(便微生物移植)を知っていますか?
わたしたちの腸に暮らす腸内細菌たちと健康との関連が、世界中で次々に明らかになってきています。 「すべての病気は腸から始まる」と言われるように、腸内環境が崩れると病気を引き起こすことが知られています。
健康な人の腸内フローラを移植することで、ふたたび健康を取り戻そうという治療法に期待が高まっています。
logo
腸内フローラ移植(便微生物移植)とは

移植の流れ・費用

移植が受けられる医療機関

お問合せ・移植相談

コメントを残す