シンバイオシス研究所(シンバイオシス合同会社)にご興味をお持ちいただき、ありがとうございます。
私たちの研究する「腸内細菌」と「ウルトラファインバブル(UFB)」は、どちらも肉眼で観察することができないという点で共通しています。

研究・開発において、失敗は存在しないと私たちは考えます。
試行錯誤の中で一歩ずつゴールに近づき、ゴールのあともその技術は進化し続けなくてはなりません。
そしてひとつの発明が広く世の中に普及するまでには、検証・比較・安全性試験・マーケティングなど様々なステップが存在します。

私たちは、自分たちの持てるすべてを研究と開発に注ぎ込むことで、技術を進化させることに特化しています。
共同開発・技術提携、弊社技術の活用をご検討の法人様はぜひお問合せください。

私たちにできること

微生物事業

・UFBを使った腸内フローラ移植技術の技術提供(特許出願中)
・各種疾患に対するFMT実施アドバイス
・腸内フローラ検査のプロファイル技術および個別解説(特許出願中)
・腸内細菌に関する書籍、記事等の執筆

私たちの技術を見る
UFB事業

・研究、開発用のUFB水の提供
・UFB水製造に関する技術提供(特許出願中)
・製品開発におけるUFB活用方法の提案

私たちの技術を見る

このような大学・企業様を募集しています

大学などの学校法人の皆さま

  • 既存の研究テーマにUFBを素材として利用したい
  • 腸内細菌と全身の健康に関する新しい知見を得たい
  • 研究室の学生が取り組む新しいテーマを探している

共同研究の形態につきましては柔軟に対応いたします。
ぜひ一度お問い合わせください。

医療法人の皆さま

  • 医療機器の洗浄などにUFB技術を活用したい
  • 飲用や塗布用の診療補助材料として、UFB水を使いたい

※腸内フローラ移植を取り入れたい医療機関の皆さまは、一般財団法人腸内フローラ移植臨床研究会への入会が必要です。

営利企業の皆さま

  • 洗浄や生育活性、品質保持などにUFBを利用したい
  • UFBを利用して新しい製品を開発したい
  • UFBの製造ライセンス契約を結びたい
  • UFBプラントを建設したい
  • 腸内細菌の知見を事業に活用したい
  • 腸内細菌を活用した商品の共同開発をしたい

私たちの技術をぜひ貴社の事業にお役立てください。

知財情報

■特願2018-036062
国際出願番号 PCT/JP2019/7574
国際公開番号 WO2019/168034 A1
発明の名称    生体微生物含有組成物及びその製造方法

■特願2019-154049
発明の名称    生体導入補助剤及びその利用法

■特願2019-171345
発明の名称     腸内フローラの健康状態の診断方法、診断用プログラム、コンピュータ記録媒体、診断シート、及び移植用腸内細菌の決定方法

■特願2020-090153
発明の名称 有害物質除去用組成物及び有害物質を除去する方法

■特願2020-057176
発明の名称 回転ミキサー、気泡せん断フィルター、ウルトラファインバブル発生装置及びウルトラファインバブル流体の製造方法

弊社の知的財産権は、腸内フローラ移植臨床研究株式会社が出願人として出願を行っております。
共同研究、技術提携の際は弊社を含めた三者契約を基本とさせていただいておりますのでご了承ください。
詳細につきましてはお問合せください。

プロジェクト一覧

これまでに他社・他団体様と共同で行なった研究および技術提携等のプロジェクトをご紹介します。
現在進行中のもので、公開可能なものも掲載しております。

共同プロジェクト
腸内フローラ移植 臨床応用〈一般財団法人腸内フローラ移植臨床研究会様〉