これまで原因不明だった病気、治りにくいとされていた病気に、腸内細菌との関連性が次々と見つかっています。
腸内細菌の研究が進むことで、これらの病気に有効にアプローチできないか、世界中で期待が高まっています。

このページでは、一般に公開されている「腸内細菌と様々な病気」に関する学術的な資料をリストにしています。(論文、論文の要約記事など)
論文・研究情報をカテゴリーから探す場合は、こちらのページをまずご覧ください。

※現時点では多くの研究がCDI(クロストリジウム・ディフィシル感染症)に関するものです。当該疾患に関する論文はこちらをご覧ください。

炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)

赤血球代謝産物のヘムが腸管炎症を抑制する仕組みを解明
2018.07.31  科学技術振興機構 大阪大学

消化器疾患に対する糞便移植療法(fecal microbiota transplantation;FMT)
日本消化器病学会雑誌第112巻第11号 長田太郎 石川 大 渡辺純夫 2017年7月27日
▼英語版▼
Fecal Microbiota Transplantation for Gastrointestinal Diseases

Multidonor intensive faecal microbiota transplantation for active ulcerative colitis: a randomised placebo-controlled trial
2017 Feb 15

Lancet. 2017 Mar 25;389(10075):1218-1228. doi: 10.1016/S0140-6736(17)30182-4. Epub .

Fecal Microbiota Transplantation Induces Remission in Patients With Active Ulcerative Colitis in a Randomized Controlled Trial
– Gastroenterology  July 2015
(内容)潰瘍性大腸炎に対する糞便微生物移植の効果測定。糞便微生物移植24%、プラセボ5%の回復。

炎症性腸疾患の糞便移植法
千葉大学医学部附属病院消化器内科助教 中川 倫夫 2015年10月30日

腸における炎症を抑える新しいメカニズムを発見 -炎症性腸疾患の新たな治療法開発に期待-
科学技術振興機構(JST)、慶應義塾大学 平成23年2月9日

Spatial organization of bacterial flora in normal and inflamed intestine: A fluorescence in situ hybridization study in mice
Published online 2005 Feb 28
(内容)炎症性腸疾患に特徴的な腸内細菌叢の観察実験

炎症性腸疾患の病態と腸内細菌の関わり
日本内科学会雑誌第106巻第3号

腸内細菌と疾患 1)腸内細菌と消化管疾患 金井 隆典
日本内科学会雑誌第105巻第9号

過敏性腸症候群(IBS)

The effect of fecal microbiota transplantation on psychiatric symptoms among patients with irritable bowel syndrome, functional diarrhea and functional constipation: An open-label observational study.
2018 Aug 1
(内容)過敏性腸症候群、下痢、便秘の患者へのFMT試験

過敏性腸症候群では腸内細菌のバランスが崩れている
ウントピ! 2017年6月22日

Dysbiosis of Salivary Microbiota in Inflammatory Bowel Disease and Its Association With Oral Immunological Biomarkers
Published online 2013 Sep 7

自己免疫疾患

Antibody neutralization of microbiota-derived circulating peptidoglycan dampens inflammation and ameliorates autoimmunity | Nature Microbiology
04 March 2019
(内容)微生物由来の循環型ペプチドグリカンの抗体中和により炎症を緩和し、自己免疫を改善する

アトピー・アレルギー

Synbiotics for Prevention and Treatment of Atopic Dermatitis
Yung-Sen Chang, MD, MPH1; Michelle K. Trivedi, MD, MPH2,3; Ayan Jha, MBBS, MPH4; et al March 2016
(日本語訳:シンバイオティクスはアトピー性皮膚炎の治療に有効か?メタアナリシスでの結論|Mykinsoラボ

腸内細菌のバランスの乱れが、喘息を悪化させるメカニズムを解明 —新しい発想のアレルギー治療へ—
筑波大学、科学技術振興機構(JST) 平成26年1月16日

がん

がん免疫療法の副作用である大腸炎の症状を細菌移植によって軽減する
Nature Medicine | Nature Research  2018年11月13日

How gut microbes are joining the fight against cancer nature 23 MAY 2018
がんの免疫療法を腸内バクテリアが加速させている GIGAZINE 2018年5月25日

腸内細菌が抗がん剤の効き方を変える
ウントピ! 2017年12月18日

腸内微生物は免疫療法に対するがん患者の反応にどのような影響を及ぼすのか EurekAlert! Science News 2017年11月2日

Gut microbes define liver cancer risk in mice exposed to chemical and viral transgenic hepatocarcinogens
2014 Jan 14
(内容)腸内細菌叢と肝臓がんの関連性

Innate Immune Inflammatory Response against Enteric Bacteria Helicobacter hepaticus Induces Mammary Adenocarcinoma in Mice
| Cancer Research  August 2006
(内容)先天的免疫過剰が腸内のヘリコバクター菌に応答し、乳がんを引き起こす

Proinflammatory CD4+CD45RBhi Lymphocytes Promote Mammary and Intestinal Carcinogenesis in ApcMin/+ Mice
| Cancer Research  Published January 2006
(内容)CD4+CD45RBhiリンパ球の炎症が乳がんと大腸がんを引き起こす

糖尿病

血糖値や脂質値の変動に腸内細菌が強く関与
医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット  2018年2月28日

Human gut microbes impact host serum metabolome and insulin sensitivity
Nature Published: 13 July 2016
※日本語版:腸内細菌と宿主のインスリン感受性

Innate immunity and intestinal microbiota in the development of Type 1 diabetes
Nature Published: 21 September 2008
※日本語版:1型糖尿病の発症における自然免疫と腸内細菌叢

CD8 + regulatory T cells are critical in prevention of autoimmune-mediated diabetes | Nature Communications
※日本語版:寄生虫が1型糖尿病の発症を抑える仕組みを解明 腸内菌が分泌する糖がT細胞を誘導 自己免疫疾患の予防・治療に新たな光 | ニュース | 糖尿病リソースガイド

Faecal microbiota transplantation halts progression of human new-onset type 1 diabetes in a randomised controlled trial – PubMed

脂質異常症、肥満、高血圧

Predictive metabolomic profiling of microbial communities using amplicon or metagenomic sequences
Nature Communications  17 July 2019

Sex-specific association between gut microbiome and fat distribution
Nature Communications  03 June 2019

健康な日本人の腸内細菌叢の特徴解明、約500万の遺伝子を発見 平均寿命の高さや低肥満率等との関連も示唆 早稲田大学 2016年3月18日

Cross-talk between Akkermansia muciniphila and intestinal epithelium controls diet-induced obesity PNAS 2013.5.28

The gut microbiota suppresses insulin-mediated fat accumulation via the short-chain fatty acid receptor GPR43
Nature Published: 07 May 2013
※日本語版:腸内細菌叢はインスリンの作用による脂肪の蓄積を短鎖脂肪酸受容体GPR43を介して抑制する

Genetic Control of Obesity and Gut Microbiota Composition in Response to High-Fat, High-Sucrose Diet in Mice
Published online 2012 Jul 6
(内容)肥満の遺伝的要因と、高脂肪・高糖質食に影響される腸内細菌叢との関係

A core gut microbiome in obese and lean twins
Nature  22 January 2009

腸内細菌叢と肥満症 入江 潤一郎、伊藤 裕
特集 肥満症の改善はなぜ,難しいのか?~ここまで明らかになった!病態解明と治療の最前線~ 日本内科学会雑誌第104巻第4号

Gender-based differences in host behavior and gut microbiota composition in response to high fat diet and stress in a mouse model
(内容)肥満やストレスと、腸内細菌の関係を、オスとメスのマウスで比較

精神疾患(自閉症、うつ病、躁うつ病、パニック障害など)

Microbiota Transfer Therapy alters gut ecosystem and improves gastrointestinal and autism symptoms: an open-label study | Microbiome | Full Text
23 January 2019
※その二年後の経過
Autism symptoms reduced nearly 50 percent two years after fecal transplant
Long-term benefit of Microbiota Transfer Therapy on autism symptoms and gut microbiota | Scientific Reports
09 April 2019
(日本語要約版)腸内微生物の移植が、自閉症スペクトラムの症状を軽減する:研究結果
WIRED.jp  2019年4月20日

Human Gut Microbiota from Autism Spectrum Disorder Promote Behavioral Symptoms in Mice. – PubMed – NCBI
30 May 2019

The neuroactive potential of the human gut microbiota in quality of life and depression | Nature Microbiology
04 February 2019
※日本語版
腸内微生物とメンタルヘルスとの関係が判明
Nature Microbiology  2019年2月5日

Microbiota Transfer Therapy alters gut ecosystem and improves gastrointestinal and autism symptoms: an open-label study | Microbiome | Full Text
23 January 2019

Brain structure and response to emotional stimuli as related to gut microbial profiles in healthy women
1 October 2018

精神的ストレスで腸管上皮の糖鎖構造が変化-農研機構ら
QLifePro 医療ニュース  2018年10月26日

うつ病・自閉症と腸内細菌叢
*国立精神・神経医療研究センター神経研究所疾病研究第三部  2018年1月29日

Microbiota alteration is associated with the development of stress-induced despair behavior
Jonathan Kipnis & Alban Gaultier 07 March 2017

脳の機能に関与する腸内フローラと「脳腸相関」 脳と腸の密接な関係
九州大学大学院医学研究院心身医学教授/九州大学病院心療内科 須藤信行

Gender-based differences in host behavior and gut microbiota composition in response to high fat diet and stress in a mouse model
(内容)肥満やストレスと、腸内細菌の関係を、オスとメスのマウスで比較

Gut feeling: How intestinal bacteria may influence our moods
CBC News July 15, 2014

妊娠・出産、月経関連疾患

赤ちゃんの腸内フローラ多様性を母乳がコントロール 東京農工大学が発見
大学ジャーナルオンライン  2018年11月22日

プロアントシアニジンによる腸内フローラの改善作用 ‐閉経女性のメタボ化の予防効果が期待‐ 東北大学 2018年6月15日

Maternal gut bacteria promote neurodevelopmental abnormalities in mouse offspring
Nature Published: 13 September 2017
※日本語版:母体の腸内細菌は仔マウスに神経発達障害を促進する

妊娠中の食事が新生児の腸内細菌に影響する
ウントピ! 2016年12月16日

Perinatal Maternal Administration of Lactobacillus paracasei NCC 2461 Prevents Allergic Inflammation in a Mouse Model of Birch Pollen Allergy
Published online 2012 Jul 6
(内容)出産期の母親への乳酸菌摂取(経口)が子どものアレルギー発症を予防する

ビフィズス菌が優勢になる乳児の腸内フローラ形成機構を解明―母乳に含まれるオリゴ糖の主要成分の利用がカギ― 東工大ニュース | 東京工業大学 2016年6月30日

Administration of Non-Absorbable Antibiotics to Pregnant Mice to Perturb the Maternal Gut Microbiota Is Associated with Alterations in Offspring Behavior
January 20, 2016
(内容)腸内細菌の増殖を抑える抗生物質を投与した母マウスから生まれた子の行動についての実験

Pregnancy-related changes in the maternal gut microbiota are dependent upon the mother’s periconceptional diet
Published online 2015 Aug 31
(内容)妊娠中のマウスに高脂肪食、制限食を与えることによる腸内細菌叢の比較実験

その他の疾患

腸内フローラの変化による自己免疫性膵炎の発症メカニズムを解明 新たな治療法の開発へ期待 [学校法人近畿大学]
朝日新聞デジタル&M(アンド・エム)  2019年7月10日

腸内の細菌断片を中和すると自己免疫が改善する | Nature Microbiology | Nature Research
Nature Microbiology |2019年3月5日

パーキンソン病のパンデミックが将来起こる可能性があると研究者が警告 – GIGAZINE
2019年02月23日

「腸腎連関」:腸内細菌叢のバランス制御が慢性腎臓病悪化抑制のカギ ー腸内細菌叢は腎臓病に対して良い面と悪い面の二面性を持つー
東北大学大学院医学系研究科
慶應義塾大学先端生命科学研究所 2017年4月13日

Gut Microbiota Regulate Motor Deficits and Neuroinflammation in a Model of Parkinson’s Disease: Cell
DECEMBER 01, 2016
(内容)健常者の腸内細菌を移植されたマウスよりも、パーキンソン病患者の腸内細菌を移植されたマウスにより多くの運動制御の障害(パーキンソン病の一般的な症状)が見られた実験。

Suppression of Clostridium difficile in the Gastrointestinal Tracts of Germfree Mice Inoculated with a Murine Isolate from the Family Lachnospiraceae
(内容)CDIにおける無菌マウスを使用した、乳酸菌投与の実験。