シンバイオシス研究所は、腸内フローラ移植(便移植)の技術向上、ウルトラファインバブル技術の活用ために日夜研究・開発に励んでおります。

微生物事業(腸内細菌)

腸内細菌をはじめとする微生物たちとの共存共栄を目指し、ヒトを含めたあらゆる生態系が健やかに暮らしていくための研究および開発を行なっています。

詳しく見る
NanoGAS®(UFB)事業

液体の中に存在する目に見えない泡、ウルトラファインバブル(UFB)が各産業分野で注目されています。
独自技術のNanoGAS®で、UFBの可能性を飛躍的に高めます。

詳しく見る

微生物事業

腸内細菌をはじめとする微生物たちとの共存共栄を目指し、ヒトを含めたあらゆる生態系が健やかに暮らしていくための研究および開発を行なっています。

腸内フローラ移植の研究・開発

一般財団法人腸内フローラ移植臨床研究会と連携し、全国の臨床医とともに患者さんへ腸内フローラ移植(便移植、FMT)を届けています。
移植菌液の溶媒に、当研究所のコア技術であるNanoGAS®(UFB)水を使用することで、奏効率の向上を実現しています。(特許出願中)

大学等の基礎研究での成果を臨床現場で診断・治療に役立てることを「トランスレーショナル・リサーチ」と言います。さらに、臨床現場で実際に患者さんに行った治療などから得られた知見を基礎研究の場にフィードバックすることを「リバーストランスレーショナル・リサーチ」と言います。
シンバイオシス研究所では、研究会に所属する臨床医との連携を密に図りながら、実際に臨床現場で役立つ医療の確立に取り組んでいます。

臨床現場と相互連携する研究体制

・大学や企業と連携した研究開発
・in vivo、in vitroでの独自の実験
・ドナーバンク運営上における技術指導
・移植用ウルトラファインバブル水(NanoGAS®)、飲用診療補助水の製造
・リサーチ活動と会員向け情報発信
・その他技術開発

腸内細菌に関する啓蒙活動

腸内細菌、腸内フローラという言葉は近年急速に認知度が上がりつつありますが、特定の製品を販売するために情報が歪められていることも多々あるのが現状です。
まだまだその実態も可能性も未知の領域が多い腸内細菌分野で、私たちは菌たちを差別することなく、菌同士・菌とヒトの関係について目をこらしています。

NanoGAS®(UFB)事業

液体の中に存在する目に見えない泡、ウルトラファインバブル(UFB)が各産業分野で注目されています。

UFBの可能性については多くの企業が活用を考えているものの、業界全体として研究が進まない理由がありました。
その理由というのが「バブルの長期安定」に関わる技術的な課題です。私たちは画期的な方法によりバブルの長期安定を実現しました。(特許出願中:特願2020-057176)

技術名をNanoGAS®とし、応用可能な分野ごとに専門家と連携し、独自の技術として研究開発を進めています。

粒子測定の世界標準であるメーカーの担当者様に、「こんな数値は今まで見たことがない」というお言葉をいただきました。
自分たちの今の技術に満足せず、これからも開発を続けてまいります。

シンバイオシスのことをもっと知る

BioJapan2021に出展します!
土に還るものづくり、その先にあるもの【シンバイオシスのビジョン】
玄米ご飯食べ放題&おやつタイム【シンバイオシス福利厚生紹介】
シンバイオシス、新しい仲間を迎えました。
代表あいさつ的なやつを公開しました。
偉大な発明はリサーチの先にはない。【シンバイオシス理念紹介】