共同研究・技術提携のご案内

engineer-4915425_1920

私たちは、自分たちの持てるすべてを研究と開発に注ぎ込むことで、技術を進化させることに特化しています。
共同開発・技術提携、弊社技術の活用をご検討の法人様はぜひお問合せください。

続きを読む

私たちの腸内フローラ移植技術

スーパードナー

独自に開発した移植方法は、ドナーバンクから厳選した菌液や、特許出願中の技術を使用した移植後の高い生着効果を期待できることが特徴です。

続きを読む

私たちのNanoGAS™(UFB)技術

ビッグバン

私たちは画期的な方法によりバブルの長期安定を実現し、検証試験では10年前のサンプルでもバブルが残存していることが証明されました。

続きを読む

腸内細菌と腸内フローラ移植(FMT)に関する記事

腸と健康
腸内細菌と人類の歴史 ~ネアンデルタール人の腸内フローラ~

5万年前のネアンデルタール人の腸内フローラから見えてきたことは?

腸内フローラ移植
FMT(便移植、腸内フローラ移植)の未来を真剣に考える会

ちひろです。 腸内細菌。腸内フローラ。FMT(腸内フローラ移植)。 菌たちが主役のこの世界にいるからか、ヒトは、自分という自我の中に、菌たちを内包しているのだという考え方をごく自然にするようになりました。 ついでに、ウン […]

腸と健康
腸内細菌と人類の歴史

僕たちの腸内フローラは人類の歴史の中で、どんな風に変わってきたんだろう? その謎を探ってみました。

腸内フローラ移植
FMTのゴールは? 移植回数と事前抗生剤投与が菌の生着に与える影響

ちひろです。 今日の論文は、正直みなさんに紹介すべきなのかどうか非常に迷いました。なぜなら、難しい論文を読むくらいなら、お昼寝したいような気分だったからです。(会社員の反面教師) というのは半分冗談で、事前処置に抗生剤を […]

腸と健康
ちょうどいい炎症状態って? 免疫のエンジンとブレーキ、Th17とTreg

ちひろです。 先祖の人たちの頑張りのおかげで、わたしたちには徒歩以外で移動するための手段がたくさんあります。カゴ、馬、自転車、車、電車、新幹線、船、飛行機。 お気に入りの移動手段ってあります?わたしは徒歩です。(先祖の努 […]

腸と健康
腸にいい食生活をお探しの方へ(レシピ付)

ちひろです。 みなさん、食べるの好きですか?この問いに対して「嫌い」と答えた人に、これまで一人だけお目にかかったことがあります。食べないと死ぬからイヤイヤ一日一食ぐらい食べてるらしくて、心底気の毒やった。 でも、食べるこ […]

病気との関連から記事を探す

自閉スペクトラム症(ASD)、注意多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)など

うつ、躁うつ、パニック障害など

生理痛、生理不順、PMS、更年期障害、不妊など

NanoGAS®(UFB)

1mmの100万分の1の泡たち、ウルトラファインバブル

水素NanoGAS®ウォーター、オゾンNanoGAS®ウォーター:ラットを用いた単回経口投与毒性試験

NanoGASウォーターの、ラットを用いた経口投与毒性試験をおこないました。そちらの結果が出てまいりましたので、報告いたします。

兵庫県最先端技術研究事業(COEプログラム)に認定されました

2020年より、神戸学院大学と弊社で共同研究を進めているプロジェクト「医療分野におけるウルトラファインバブルNanoGAS®の活用法の探索と実用化研究」が、令和3年度兵庫県最先端技術研究事業(COEプログラム)に認定され […]

NanoGAS™を使って院内限定販売の皮膚ローションを開発【医療法人愛星会】

シンバイオシス研究所では、長期安定性と泡の小ささが強みであるウルトラファインバブル(UFB)、NanoGAS™技術を保有しています。 この技術を活かして多くの法人様、個人の皆様のお役に立ち、さらには環境負荷 […]

画像をアップロード

ありったけのエネルギーを研究と開発に

研究・開発において、失敗は存在しないと私たちは考えます。
試行錯誤の中で一歩ずつゴールに近づき、ゴールのあともその技術は進化し続けなくてはなりません。
そしてひとつの発明が広く世の中に普及するまでには、検証・比較・安全性試験・マーケティングなど様々なステップが存在します。
私たちは、自分たちの持てるすべてを研究と開発に注ぎ込むことで、技術を進化させることに特化しています。
共同開発・技術提携、弊社技術の活用をご検討の法人様はぜひお問合せください。

画像をアップロード

研究とは「ほんとうのこと」に近づくこと

あくまでも謙虚であること。
それ以上に曲げられない軸を持つこと。
ここぞというところでは、ぶっ飛んでいること。
私たちは「見えないものの力を信じる」をテーマに、ヒトだけではなくあらゆる生態系、環境に敬意を表した開発を目指し研究・開発を行なっています。

PAGE TOP