共同研究・技術提携のご案内

engineer-4915425_1920

私たちは、自分たちの持てるすべてを研究と開発に注ぎ込むことで、技術を進化させることに特化しています。
共同開発・技術提携、弊社技術の活用をご検討の法人様はぜひお問合せください。

続きを読む

私たちの腸内フローラ移植技術

スーパードナー

独自に開発した移植方法は、ドナーバンクから厳選した菌液や、特許出願中の技術を使用した移植後の高い生着効果を期待できることが特徴です。

続きを読む

私たちのNanoGAS™(UFB)技術

ビッグバン

私たちは画期的な方法によりバブルの長期安定を実現し、検証試験では10年前のサンプルでもバブルが残存していることが証明されました。

続きを読む

腸内細菌と腸内フローラ移植(FMT)に関する記事

腸内細菌たちと健康
記憶力と砂糖、砂糖とメタボ[2021.4.12]腸内細菌最新トピックNew!!

脂肪肝・脂質代謝の異常は砂糖のとりすぎによる腸内環境の変化が原因 High sucrose diet-induced dysbiosis of gut microbiota promotes fatty liver an […]

腸内細菌たちと健康
糖は太るの本当の意味と、腸内細菌のB/F比だけで肥満が測れないワケ

皆さん、食事制限ってしていますか? 間食をやめてみたり、カロリーを減らしてみたり、サラダだけ食べてみたり、糖と名のつくものを避けてプロテイン飲んでみたり。 いろいろ努力なさっていることと思います。 健康に詳しい人界隈では […]

腸内細菌たちと健康
すい臓のどこを切除するかで糖尿病発症率が変わる。鍵は腸内細菌![2021.3.24]腸内細菌最新トピック

膵臓部分切除術後の糖尿病発症に関与する因子を解明 膵臓部分切除術後の糖尿病発症に関与する因子を解明 腸内環境と膵臓内分泌細胞の可塑性が重要 九州大学、国立国際医療研究センターなど | ニュース | 糖尿病リソースガイド […]

腸内フローラ移植
FMT(便移植)とメラノーマ(皮膚がん)の関連など[2021.2.19]腸内細菌最新トピック

免疫療法が効かないがん患者に他人の便を移植してみると… がんの治療法として、免疫療法というアホみたいに高いノーベル賞治療法があります。(悪意ある表現やな) がんというのはもともと自分の細胞で、それが変異して(お前も変わっ […]

NanoGAS™(UFB)

1mmの100万分の1の泡たち、ウルトラファインバブル

オゾンNanoGAS™ウォーター:ウサギを用いた皮膚一次刺激性試験結果報告New!!

弊社で現在、有償サンプルとして提供しているオゾンNanoGAS™ウォーターにつきまして、ウサギを用いた皮膚一次刺激性試験を実施いたしました。 結果、肉眼及び病理組織学検査のいずれにおいても刺激性を示さず、「 […]

当社のNanoGAS™シリーズが日本先制臨床医学会の公式推薦品に認定されました

コア技術が完成し、現在各分野で検証段階に入っている当社のNanoGAS™シリーズが、一般社団法人 日本先制臨床医学会の公式推薦品に認定されました! 「いいものは世の中が後から評価してくれる」をモットーに、あ […]

NanoGAS™有償サンプルの販売を開始しました。【法人様向け】

お待たせしました! その秘めたる可能性と、独自性についてさんざん喧伝してきた弊社のウルトラファインバブル(UFB)ブランド「NanoGAS™」が小ロットで有償サンプルとして購入可能になりました。 今まで実に […]

独自の基盤技術をNanoGAS™と命名しました

ウルトラファインバブル(UFB)という技術名が、広く知られるようになってきました。 研究所設立からほぼ三年間、当研究所のウルトラファインバブル(UFB)は腸内フローラ移植専用として使用してきました。 「ほんまにバブルなん […]

woman riding big swing in front of waterfalls
水のないところ=空気のあるところ。UFBの泡の数と長期安定性

ウルトラファインバブル(UFB)って、お聞きになったことはおありでしょうか。 私がシンバイオシスのお仕事を始めた三年前、ウルトラファインバブル(UFB)というのは「移植する菌たちを守ってくれて、患者さんの腸内という暗闇の […]

UFBの大きさと数の測定検証について/ベックマン・コールター株式会社 米田智宏 氏より解説

シンバイオシスのコア技術は、目に見えないほど小さな気泡であるウルトラファインバブル(UFB)の製造と、それを応用した製品の開発にあります。 最近決まった企業ビジョンにも、「目に見えないものたちの力で新しい常識をつくる」っ […]

画像をアップロード

ありったけのエネルギーを研究と開発に

研究・開発において、失敗は存在しないと私たちは考えます。
試行錯誤の中で一歩ずつゴールに近づき、ゴールのあともその技術は進化し続けなくてはなりません。
そしてひとつの発明が広く世の中に普及するまでには、検証・比較・安全性試験・マーケティングなど様々なステップが存在します。
私たちは、自分たちの持てるすべてを研究と開発に注ぎ込むことで、技術を進化させることに特化しています。
共同開発・技術提携、弊社技術の活用をご検討の法人様はぜひお問合せください。

画像をアップロード

研究とは「ほんとうのこと」に近づくこと

あくまでも謙虚であること。
それ以上に曲げられない軸を持つこと。
ここぞというところでは、ぶっ飛んでいること。
私たちは「見えないものの力を信じる」をテーマに、ヒトだけではなくあらゆる生態系、環境に敬意を表した開発を目指し研究・開発を行なっています。

PAGE TOP