共同研究・技術提携のご案内

engineer-4915425_1920

私たちは、自分たちの持てるすべてを研究と開発に注ぎ込むことで、技術を進化させることに特化しています。
共同開発・技術提携、弊社技術の活用をご検討の法人様はぜひお問合せください。

続きを読む

私たちの腸内フローラ移植技術

スーパードナー

独自に開発した移植方法は、ドナーバンクから厳選した菌液や、特許出願中の技術を使用した移植後の高い生着効果を期待できることが特徴です。

続きを読む

私たちのUFB技術

ビッグバン

私たちは画期的な方法によりバブルの長期安定を実現し、検証試験では10年前のサンプルでもバブルが残存していることが証明されました。

続きを読む

腸内細菌と腸内フローラ移植(FMT)に関する記事

腸内細菌たちと健康
お米を食べる民族はコロナにかかりにくいという論文[2020.9.9]腸内細菌最新トピック

かつて、卑弥呼さまの時代には、病気は魔物的なやつのせいだと思われていました。 医療に科学の考え方が取り入れられるようになり、ヒトに試す前に試験管や動物で実験してからにしようという倫理観が生まれ、近頃は試験管で実験する前に […]

お知らせ
【原著論文】腸内フローラ移植におけるUFBの有用性を検討した論文が公開されました

この度、FMTにおけるUFBの有用性を示す論文を学術誌「Bioactive Compounds In Health And Disease」に投稿し、無事採択されましたのでご報告します。オープンアクセスなので、どなたでも […]

腸内細菌たちと健康
嫌気性菌が空気中で生きられる仕組み 〜食中毒菌とバイオフィルム〜

人間社会というのは、いろんな集団で形成されています。 家族、町内会、学校、会社、国。集団に所属するといろいろめんどいこともいっぱいありますが、それよりも圧倒的に助かることのほうが多いわけです。一人で暮らしてたら、人間なん […]

腸内細菌たちと健康
便秘の人の腸がうんこで爆発しない理由を考えた

口から食べ物を食べて、おしりからうんこが出る。消化管を持つほぼすべての生命体に共通することですよね。 幸いにして現代の我が国では、食べ物は配給制ではありません。つまり、食べたい時に食べたいものを食べたいだけ食べられる環境 […]

ウルトラファインバブル(UFB)

1mmの100万分の1の泡たち

woman riding big swing in front of waterfalls
水のないところ=空気のあるところ。UFBの泡の数と長期安定性

ウルトラファインバブル(UFB)って、お聞きになったことはおありでしょうか。 私がシンバイオシスのお仕事を始めた三年前、ウルトラファインバブル(UFB)というのは「移植する菌たちを守ってくれて、患者さんの腸内という暗闇の […]

UFBの大きさと数の測定検証について/ベックマン・コールター株式会社 米田智宏 氏より解説

シンバイオシスのコア技術は、目に見えないほど小さな気泡であるウルトラファインバブル(UFB)の製造と、それを応用した製品の開発にあります。 最近決まった企業ビジョンにも、「目に見えないものたちの力で新しい常識をつくる」っ […]

UFBの素材としての可能性 〜神戸学院大学薬学部の武田教授に聞く

こんにちは、シンバイオシス研究所の新人の森下です。これが初めての記事になります。皆様どうぞ(お手柔らかに)よろしくお願い致します。 今年も腸内フローラ移植臨床研究会の学術大会の日にちが近づいてまいりました。というか、1週 […]

粒度分布測定の最高峰、ベックマン・コールター社に行く

こんっちは。梅雨が明けたらしいですね!!布団干して、カーテン洗って、玄関の階段の落ち葉掃いて、窓開けて掃除機かけよっと!!(過ごし方が家庭的やな)ほんで一人暮らしやから、一人でスイカ割りと花火と家庭内キャンプしよっと!! […]

画像をアップロード

ありったけのエネルギーを研究と開発に

研究・開発において、失敗は存在しないと私たちは考えます。
試行錯誤の中で一歩ずつゴールに近づき、ゴールのあともその技術は進化し続けなくてはなりません。
そしてひとつの発明が広く世の中に普及するまでには、検証・比較・安全性試験・マーケティングなど様々なステップが存在します。
私たちは、自分たちの持てるすべてを研究と開発に注ぎ込むことで、技術を進化させることに特化しています。
共同開発・技術提携、弊社技術の活用をご検討の法人様はぜひお問合せください。

画像をアップロード

研究とは「ほんとうのこと」に近づくこと

あくまでも謙虚であること。
それ以上に曲げられない軸を持つこと。
ここぞというところでは、ぶっ飛んでいること。
私たちは「見えないものの力を信じる」をテーマに、ヒトだけではなくあらゆる生態系、環境に敬意を表した開発を目指し研究・開発を行なっています。

PAGE TOP