1982年から続けてきた微生物の基礎研究や医療機関における臨床を経て、独自の腸内フローラ移植(便移植)方法を開発しました。微生物たちとの共存共栄には、無限の可能性があると信じています。

シンバイオシス研究所 -微生物との共存共栄-
上記の電話は腸内フローラ移植臨床研究会につながります
受付時間:10:00〜17:00(土日祝除く)

タグ: 脂質異常症・高血圧・動脈硬化

肥満・脂質異常・高血圧・動脈硬化には相関関係があります。今すぐ命にかかわらないと思っていても、放置するとある日突然思わぬ病気に襲われかねません。 腸内細菌の出す物質には、身体が脂肪をため込むのをブロックする、代謝を正常化する、悪玉(LDL)コレステロール比率を下げるなどの働きが期待されています。
腸内フローラ移植による改善を目指す場合、食生活や運動習慣の改善も並行して行いながら、代謝を活性化する腸内細菌を増やす方針で行うことが一般的です。
腸内細菌に関する学術的資料は【研究情報】からご覧ください。
記事一覧