1982年から続けてきた微生物の基礎研究や医療機関における臨床を経て、独自の腸内フローラ移植(便移植)方法を開発しました。微生物たちとの共存共栄には、無限の可能性があると信じています。

シンバイオシス研究所 -微生物との共存共栄-
上記の電話は腸内フローラ移植臨床研究会につながります
受付時間:10:00〜17:00(土日祝除く)

タグ: クローン病

クローン病は、大腸・小腸の粘膜に慢性の炎症または潰瘍をひきおこす疾患で、腹痛や下痢を伴い、難治性の疾患として難病指定されています。寛解、再燃を繰り返すことも特徴のひとつです。
潰瘍性大腸炎と似た病気とされる場合もありますが、潰瘍性大腸炎に比べ、炎症がすべての消化管に発生する可能性があることや、筋層まで達する深い炎症を起こすことが特徴です。
食事や腸内細菌に対して腸のリンパ球などの免疫細胞が過剰に反応することが原因とも考えられていますが、原因はまだわかっていません。 10代〜20代の若い人を中心に患者数が増加しています。
腸内フローラ移植による改善を目指す場合、移植した腸内細菌にご自身の身体が過剰反応してしまわないよう、徐々に身体に覚えてもらえるような方法で移植を行います。
腸内細菌に関する学術的資料は【研究情報】からご覧ください。
記事一覧