1982年から続けてきた微生物の基礎研究や医療機関における臨床を経て、独自の腸内フローラ移植(便移植)方法を開発しました。微生物たちとの共存共栄には、無限の可能性があると信じています。

シンバイオシス研究所 -微生物との共存共栄-
上記の電話は腸内フローラ移植臨床研究会につながります
受付時間:10:00〜17:00(土日祝除く)

タグ: 過敏性腸症候群(便秘・下痢)

便秘になると、お腹の不快感や肌荒れ、ひどい場合は腸の病気を引き起こす原因ともなります。また下痢は、腹痛を伴うだけではなく、栄養や水分を体に適切に吸収できない場合があります。便秘や下痢を繰り返してしまうのも、決して腸にとっていい状態とは言えません。いずれの場合も、栄養や水分を吸収する腸管や腸内に住む腸内細菌が大きく関わっているとされています。
便秘や下痢の症状があまりにもひどい場合、過敏性腸症候群と診断を受けることもあります。過敏性腸症候群は、他の疾患の可能性を検討した後に消去法的に診断が下されることが多く、背景にある原因が様々であることから、画一的な治療が難しい疾患でもあります。
腸内フローラ移植による改善を目指す場合、本人への問診や主治医からの情報をもとに移植方針を決定します。
腸内細菌に関する学術的資料は【研究情報】からご覧ください。
記事一覧